富山市立光陽小学校見学会

2001.12.22(土)

富山市に23年ぶりの新設校が2002年4月に開校する。
今日は、新年度から光陽小学校に通う子供の見学会&交流会。
 
保護者にとっても初の会合。
PTA活動の進め方から体操服の選定まで、
さまざまな話し合いが行われたようだ。
 
新しい学校を目の当たりにした子供たちは、
とてもうれしげであった。
にこにこ頬がゆるみっぱなし。


外見はコンクリート打ちっぱなしだが、台形を組み合わせ、玄関を包み込むような構造になっているところに、温かさを感じた。
下足箱は木造り。天井にも下足箱にもアルファベットのプレートが下がって、迷わないようになっている。
 
段差のないバリアフリーの構造。児童玄関は一カ所のみで、職員玄関も隣接している。
玄関を入ると木造の床が目にまぶしい。
しきりなど気がふんだんにつかってあって、温かい雰囲気を醸し出している。
もちろん階段の床も木造。採光がよく、建物のどこもかしこもかなり明るい。
建物中央にエレベーターを設置している。体の不自由な子供やお年寄りをイベントでお招きしたときなどに利用可能。
館内の至る所に、コンセントがある。各教室や共有スペースにはLANの端末が設置されている。
オープンスペースが徹底されているため、暖房は、全館セントラルヒーティング。見学日は、気温5度程度の日だったが、館内はぽかぽか暖かかった。
館内の至る所には、このような案内板がある。ぴかぴか。

教室&特別教室編  廊下&周辺環境編

情報教育紀行2001.12月号へ戻る

総合的な学習と情報教育TOPへ戻る