第2節 新規に導入された学校でのコンピュータ教育利用



 学校教育の中でコンピュータが有効にはたらくのは,先にも述べたとおり,子供が表現の道具としてコンピュータを選択し,自分の願いや思いを発信したときである。

 しかしながら,コンピュータの道具としてのよさを感じ,それを選択して使えるようになるためには,ある程度コンピュータになれていなければならない。従って,いささか矛盾した話であるが,コンピュータが導入された当初は,ある程度コンピュータの技能を高めるための授業を構想することも必要である。


 高学年であれば,何度か使っていくうちに必要な機能は,すぐに自分たちで見つけていくだろうし,こんな場面ではコンピュータを使えるなという判断もできるようになるだろう。低学年でこういう機会を設ければ2年,3年と経つうちに,自然にコンピュータを活用することによさに目を向けていくであろう。導入当初は,1年先,2年先を見越して,コンピュータを扱う技能を高めることも必要である。


 ただし,コンピュータの技能を高めることを目的にした授業であっても,授業のねらいを最初から「コンピュータの使い方を理解する」ことにせず,「宿泊学習の思い出を絵と文でまとめよう」というような子供が思いを明確にできるような取組の方が,望ましいことはいうまでもない。子供たちは,自分の表現に必要な機能は,自分で身につけていく。どうやって情報活用能力を高めていくか,その演出の仕方を考えることがわれわれの仕事なのである。





 目次へ    前ページ    次ページ