講演1 小学校における2002年完全実施に向けたカリキュラムの見直しと評価のあり方 (吉崎静夫:日本女子大学)

2001.8.10(金)@品川きゅりあん   


(新教育課程に対する期待と不安)

(学力問題)4つの学力にとらえている。学力は各学校で十分研修して考えるべき。

  1. 基礎的な学力A 
  2. 基礎的な学力B
  3. 発展的な学力
  4. 実践的な学力

3つは教科の力。Cは総合的な学習で育つことを期待する力。
@からBは教師主導。B、Cは子供が主体的な学びをする。

(埼玉県越ヶ谷小の評価)

教科には縦のつながりがある。総合は緩やかでいいがある程度のつながりがほしい。2学年をセットに考えた。
基本はテーマ学習、4領域。スキル学習はコンピュータと英語。
これからの社会には、4領域は重要と先生が考えた。文部科学省のニーズ=先行実践して問題点を明らかにしてほしい。
福祉。中学年は身障者、高学年は高齢者
国際理解。中学年は広く浅く。取り上げるのは歌遊び踊り食べ物。そのための共通体験。高学年は地域限定。
環境。中学年は、地域から。高学年は国際規模で緑から。
カリキュラムの視点の違いを明らかにしている。
(根本的な考え方)
総合的な学習は地域から始まる。
基礎として情報活用の能力がある。


(単元構成) 教科とは違うが、大まかな流れをつくっておく。

(評価)

  1. 集団基準(集団内での序列に基づく「相対評価」
  2. 目標基準(ある目標に到達したかどうか)にもとづく「到達度評価」
  3. 過去と現在の比較基準にもとづく個人内評価

(評価の観点)

 (評価の方法)


〈考察〉

 子供たちが課題を持つようになるようには、そうなるように意図したカリキュラムがいる。段階的に始動する必要がある、という主張には大変共感できた。
 越谷小のカリキュラム設計の考え方は、蜷川小学校の取り組みの実態にも非常にマッチしている。