1 はじめに


富山市立蜷川小学校の正面
 富山市の小中学校では、平成11年度を目標に、児童生徒用コンピュータの導入が進んできた。本校でも今年度10月、ようやく19台のコンピュータが導入され、児童の学習活動の中に、順次取り入れられつつある。
 
 すでに家庭にコンピュータがあり、日頃より活用している子供がいる一方で、学校で初めてコンピュータに触れるという子供もまだまだ多い。また、自分がコンピュータを使えないことを理由に、学習に取り入れていくことに不安を感じている教員も少なくない。
 
 ここでは、初めてコンピュータが導入された学校における情報教育の進め方について、さまざまな疑問や問題点を明らかにしながら、話を進めていきたい。