富山大学=マーレイ州立大学(ケンタッキー州)の国際交流事業によりケンタッキー州西部の学校視察に行って来た。
 このページでは、学習した内容を、写真と文書を織り交ぜて報告する。
日   程 (2001年)

8.20(月)

富山空港発>羽田>成田>ヒューストン>ナッシュビル着
8.21(火)

ナッシュビル>マーレイ州立大学
マーレイ州立大学視察、歓迎会
各地区教育委員会及び訪問校との交流会

8.22(水) Farley Elementaly School:学校視察
8.23(木) Farley Elementaly School:学校視察
McCracken郡教育委員会訪問

8.24(金)

Riedland HIgh SchoolRiedland Middle School 学校視察
Farley Elementaly School:学校視察

8.25(土)

マーレイ州立大学教育交流カンファレンス
交流事業成果発表会
ホストファミリーとのfarewell party
8.26(日) マーレイ>ナッシュビル:
地域理解学習

8.27(月)

ナッシュビル
地域理解学習
 (飛行機の乗り継ぎ待ち)
8.28(火) ナッシュビル発
8.29(水) >成田着>羽田>富山着
  ケンタッキー州マクラキン郡の小学校、 中学校、高校、教育委員会等を訪問し、総合的な学習の時間における情報技術の活用を中心に、情報環境、授業設計と 評価、教員研修、学校管理と運営等を視察してきた。

 一番大変だったのは、視察期間の4日間、お世話になった小学校の先生の家にホームステイしたこと。日本語の全くない環境で生活する、大変さとおもしろさを堪能した(笑)。
 こんなところに気がついた
富山出発〜ナッシュビル到着(8.20)

アーリーアメリカンな建築(8.23)
Farley Elementaly School
1日の学習の流れ(1年生教室)
         
学習環境(教室・廊下の掲示や設備)
各教科の授業と学習環境(2〜5年生)
情報教育とセキュリティ

Reidland Middle & High School
Riedland HIgh School
Riedland Middle School
etc.
murray大学視察
マクラキン郡教育委員会訪問
InSTEPプロジェクトに参加しての学習環境・教育方法の日米比較(第26回教育工学研究協議会北陸大会発表プレゼン:2003.2)

 本事業は富山大学の山西教授と米国ケンタッキー州マーレイ州立大学のTom Lough教授との共同研究事業で、国際交流日米センターの研究助成により行われたものです。