arrangement a classroom (教室の環境)


2001年8月24日に
ケンタッキー州マクラキン郡のFarley elementary schoolを

見学した際に見つけた学習環境をまとめてみた。


 教室には、キッチンのような洗面台と、トイレが併設されている。

 トイレの扉には、「bathroom」と書かれていたので、最初は、教室にシャワーまでついているのかと思った。このあたりでは、英国風にトイレをそう言うらしい。
 
 子供たちの色鉛筆などがしまってある、バスケット式のロッカー。持ち物はそれほど多くない。
 教室の一画にさりげなく置いてあるコンピュータ。
 教室の壁面は全体に白く、明るいつくり。

 いろいろと掲示があったり、前にテレビや時計があるのは日本と同じ。でも、黒板の代わりにホワイトボード。さりげなく、星条旗。
 机上に上げてあった椅子を下ろして授業開始。帰宅時には、自分の椅子を上げて帰る。

 夜の間に、床を掃除する人がいる。そうやって雇用を生み出している。

 日本ではどうしているかという質問に、「子供が自分で掃除する」と答えると、「Great!」と返された。
机上に貼られたアルファベット表。
 マーカーの類はふんだんにある。

 こういうところにお金を惜しまないところは、消費大国の真骨頂かも。
 子供たちの作品が天井から下げてあった。

 健康教育(自分の体を知る学習)は、結構積極的に進められているようだ。
 出入り口は、オートロックになっていて、外から校舎に入ることはできない。
 ドアには、保護者は正面入り口に回るよう、張り紙がしてある。
校舎内の各所に、火災報知用非常ボタンがあるのは、日本と同じ。
 校内で懸賞が行われていた。休まず、忘れ物をせず、しっかり学習する子の中から報償が出る。
 テストの点数によって、すっきりと級が出される。64点以下は、当然補習もあり。

 子供たちにも、学習のあたりまえ感がある。
教室内の教師の机まわり。

学習教材は、教師用の指導テキスト、ワークシートなどがパッケージ化されている。
 日課表。毎日同じ時刻に、同じ学習を行う。
 廊下の掲示も、何だかアメリカンポップ。(アメリカなんだから当たり前だけど)
 壁面の掲示はカラフル。高学年教室のホワイトボード上には、国の地図や世界地図が据え付けられていて、いつもで見られるようになっている。


もどる