情報教育紀行2003

しばらくお休みします。
再開は沖縄大会頃の予定です。そのころにまたご訪問ください。
10月18日(土) 午前中は積み残した宿題。13:00〜14:30、高橋研究室で富山情報教育研究会。調べ活動の段階について討論。短い時間だったが中身が濃く面白かった。15:00〜、CETT。沖縄大会のプレゼン発表練習会。10分の中に大体収まり、山西先生や白江さんの質問にも答えられて一安心。18:00〜、全日空ホテル1階で懇親会。
10月17日(金) 2限社会、明治維新の頃の政治の変革を調べる学習。教室でインターネットを使う子供と、図書室へ向かう子供に分散。隣のコンピュータ室では、水上さんの支援の下、4年生がキーボー島に挑戦。6限ブラス。1週間を残して、大体最後まで曲が流れるようになった。よかった。16:00〜研修会。チャレンジ漢プリっこ、計プリっこの活用の仕方を研修。使い方や学習歴の見方などは大体理解いただいた模様。「キーボー島アドベンチャー」も紹介。5年でも取り組んでもらうことに。終礼後、学年Webの更新。野球部がナイターで試合をするということで、居残って観戦。寒江チームはかなり鍛えられていた。帰宅後、コンピュータに向かうが、いつの間にか椅子の上で眠ってしまっていた。
10月16日(木) 13:10、学級代表2名とともに県庁へ。14:00〜、学習活動等全国大会優勝者報告会。昨年度のホームページ「新鍛冶川プロジェクト」が第9回マイタウンマップコンクールで国土交通大臣賞を受賞したことを、中沖県知事に報告。知事を間近に、子供たちはかなり緊張した様子。でもよい体験になったと思う。
10月15日(水)
10月14日(火)
10月13日(月)
10月12日(日)
10月11日(土)
10月10日(金)
10月9日(木) 1限は社会。教科書のペリー上陸の絵をみんなで見合うために、プロジェクタを利用。気づいたことを話し合ったが、どこを見て気づいたかを出し合うのに、ひとつの画像を共有できるのはよい。2限は、校内研で特別支援学級の授業を参観。成長ぶりに目を見張る。5,6限は図工。今日は、「ミロになってかこう」をテーマに、フェルメールとゴーギャンの絵を下絵に、ミロ風に自由な解釈でデフォルメして模写するという内容の実践。柔らかな発想の頭を作ることが目的だったが、これもある意味情報教育かな。内容としては、描いているけど「鑑賞」に入る実践だと自分では考えている。放課後は、萩中@元豊田小校長による、児童画の指導法研修。児童のその絵を描いたときの思いや願いを明らかにすることも大事だというのは同感。それをふまえた指導をどう行うかをもっと明らかにしていただければ、さらによい研修になったと思う。
10月8日(水) 5限にチャレンジ漢ぷりを使ってみる。子供たちは真剣に楽しみながら漢字の問題に挑戦。基礎的な学習に活用できるのはよい。19:00〜、高橋研究室にて、石黒さんのプレゼン検討会。その前に、岸本さん、中井さん@高橋研が、来週堀田研ゼミで行うというプレゼンの検討。今どきの学生はよく学習している。まだ十分こなれていないような感じだが、3年生としては上出来。1年後の成長に期待。石黒先生のプレゼンは、前回に比べると、論文に沿った見せ方になっていて論理的に改善されていた。今度は、盛りだくさんになってしまっているので、内容を大枠で見直して、もう少しスリムになるよう整理するとよいと感じた。高橋さん、澤橋さんと「じゃんがら」。「ITCE2級への道」を借りてきた。帰宅後は、9:00過ぎにダウン。今週は長い。
10月7日(火) 今日も朝練習。1限サツマイモの収穫。本日より、水上さん@コンピュータ活用支援講師が本校に勤務となり、2限の空き時間に打ち合わせ。このWebもご覧になってからいらしたとのこと。城生さんからもいろいろと噂を聞いてきているような・・・。操作技術を学ぶ時間にするのではなく、授業での活用をといった趣旨での話に理解を示される頼もしい方だった。寒江の実践がさらに進むとよい。午前中に、チャレンジ漢ぷり、計ぷりの名簿の設定を終えていただく。
10月6日(月) 早起きして、職場のイントラ内に置く児童用Webスタートページをリストア。職場に出勤して、サーバに上書き。午後、小教研総合部会の提案授業。14:00〜オリエンテーション。14:15〜授業開始。今日の内容は、調べる活動が中心となる。19名の学級に参観者が30名余り。子供一人に先生一人以上がつく。コンピュータ室は立錐の余地なし。活動は一人一人が何をするかしっかり決めていないと進まないが子供たちはそれぞれに自分の活動に真剣に取り組んでいた。授業後の協議会では、尾島さん@藤ノ木小が、子供にどんな力がついているのかといった話を、相川さん@清水町小が今日の授業で見えた教師の支援の話をしてくださったおかげで、議論はそちらの方向へ。子供の思いを分析するのも大切だが、思いを持っていることを前提として、教師は何をすべきかを明らかにしていくことが、総合では大事なことだと考える。19:00〜「宿坊」で懇親会。「Booker's Cafe」で2次会。木本さん、深井さんらと「フィオレンティーナ」でワイン。最近、木本さんと最後まで一緒。
10月5日(日) 7:00〜、住民運動会のための町内のテント張り。午前中は、家具の移動。午後から、職場へ向かうが玄関の鍵を職場内に置き忘れていたことに気づく。清水町の住民運動会に出ていた教頭Tにお借りして事なきを得る。明日の授業提案のための学習環境の確認本時の実態資料の作成。帰宅後、先週から借りていた、CDを録音。返却ついでに、難民関係の書籍を探して入手。池澤夏樹のWebメルマガをまとめた本がよかった。
10月4日(土) 午前中は、保育所の運動会。ハム太郎ダンスと、綱引き応援の旗振りに燃える茜だった。14:00〜、蜷川会@電気ビル。初めて(そしてこれが最後)のゲストとしての参加。毎回思うが、ひとつの職場にちょっと不思議なというか、居場所に迷う空間ではある。ひとつの職場に集った人たちの人間的なつながりを大切にするのは大事なことだと思うが。年齢層が多岐に渡り、それぞれにいろいろな思いがあるのをどこまで吸収しきれるか。稲本さん、重徳さんらの熱演に感謝。16:30〜、マンテンホテル1階で、林校長@宮野小、塚田T、林崎さんらと、お茶で2次会。18:30〜、重徳さんと白馬館へ(おつきあいいただきありがとうございます)。マスターやバーテンさんとカクテル談義。20:00、腹が減ったので、「一心」でくんたまラーメン。和風だしのきいたスープはなかなかの逸品。駐車スペースの内のが残念。帰宅後は早々にダウン。
10月3日(金) 今日から朝練習再開。這うように起きて出勤。1限家庭科の空き時間を利用して、富山市小教研総合部会の授業研究のための指導案を修正。MLに投げるが反応なし。そのままお昼になっても全く流れないため、昼休憩時に尾島さん@藤ノ木小に連絡。午後になって復旧したもようだったが、添付ファイルははねられる気配だったので、ML登録者にはダイレクトに指導案を送信した。

2限には、調べ学習の時間をとり、インターネットの接続が止まらないかを確認。今日は授業中には止まらなかったが、お昼頃落ちてしまったとのことで、ADSLの電源を一度落として再度入れてみると接続も回復。こんなアナログな方法でなきゃ回復しないとは・・・。昔、壊れかけてテレビを叩いたら画面が映ったのと同じではないか。
10月2日(木) 朝、借りている備品の確認のため大学に寄り道。学校訪問研修会。2限社会科は、江戸初期の人体図と解体新書の解剖図をプロジェクタで提示しながら、その違いを比較検討。3限は総合。今日は各自のテーマを元に調べ活動。荻原指導主事はかなりつっこんだ質問をしたもようだが、それぞれに自分の思いを解答していた模様。首尾一貫したカリキュラム構想は子供にうまく働いているようだ。このまま、月曜日の小教研を迎えられるとよい。4限は、北川Tの算数の提案授業を参観。5限はデュランさんと英語活動。放課後は研修会。部会は歯に衣着せぬ濃いものになった。終了後、大学へ寄って再び必要な備品をかり出す。GS、自宅をまわって、18:30〜教頭T、麻生Tと「秋吉」。2次会は桜木町。「芭蕉」のそばで〆。
10月1日(水) 教室環境の確認。コンピュータ室のブラウザを立ち上げるとスタートページにつながるように設定。調べ学習の1回目を行う。まだ課題が固まっていない子供の姿も散見。今日はまだとりあえず集めた資料を、読み始める段階。これからどこまで学習を深めることができるか、不安でもあり楽しみでもある。

総合的な学習と情報教育