情報教育紀行2003
あなたはSasaのホームページの
[an error occurred while processing this directive]人目の訪問者です。

7月31日(木)  朝、スクエア中野で総合夏期研修の受付を済ませてから、教文へ。免許法認定講習「教育原理」2日目。ドイツとフィンランドを素材に世界の教育制度を、日本と比較して問題点やや改善点を明らかにする。午後からは、教員の生涯学習について。20年目を過ぎたあたりから2つの方向性が出るという話(一つは、落ち着きが出て、距離を持って自分のありようをとらえられる。もう一つは、変革に抵抗し、昔を懐かしみ肯定するという保守的な方向に進む。退職の時には、安らかな満足の中での退職を迎える人と、沈んだ気持ちの中でその職を終える人がいる)には失笑。いくつになっても学びは必要。学生の時には苦しかった教職の講義が今は楽しい。
 18:00〜、名鉄ホテルビアガーデンで県小教研総合部会の懇親会。原田教頭先生@大谷小、坂本先生@利田小、杉本先生@福野小など知った顔が目白押し。「Bookers Cafe」で2次会。京田さん@市役所、小山さん@国交省、木本先生、原田先生と「ラコント」で3次会。
7月30日(水)  6:00チェックアウト。すぐ学校に向かう。富山西インターから寒江へ。新潟、和歌山の認定講習辞退届を作成、教頭先生に届けていただくことに。9:30〜教文。免許法認定講習「教育原理」1日目。講師は野平慎二助教授@富山大。「子ども」の存在が認められてきた歴史から始まって、家庭教育と公教育の関係、教育改革の目的と内容、生涯学習の考え方と目的などのレクチャーを受ける。途中、教育改革については、何を変えるべきかというテーマで、小グループによる討論があったが、さまざまな視点があることを楽しむことができた。気をつけるべきは、何が変わるべきかを考える前に、なぜ変えなければいけないかを知るべきだと思った。表面の現象というか、各論に流されてはいけないと思った。
 夜は、茜、崇生と今シーズン初花火。昨日の疲れが残っていて、夜はいつの間にかダウン。 
7月29日(火)  9:30〜、教文。免許法認定講習「国語科教育法」2日目。これまでの、国語指導が意識しないまま読むことに偏っていたことや、書くことの指導のつもりでやっていたことが、実は、読むことの指導の一形態に過ぎなかったことがよくわかって反省。国語の基本となる力は何かを体系的に学べた、大変収穫の大きい2日間であった。核心に語ってもらうのは理解の早道。午後の後半は、レポート提出。17:00
 自宅で車に乗り換えて、上越へ。19:00過ぎに上越マンテンホテルにチェックイン。電話で連絡を取って、堀田組の夜の情報教育に合流。原田さんと初めて会う。教員6年目のキュートな女性。わざわざ上越まで来る熱意はなかなかのもの。学びになることを見つけられたのかが気になるところ。
7月28日(月)  6:30、職場へ行って、必要な文書を回収。9:30〜17:00、教文。今日から、教員免許法認定講習「国語科教育法」受講。講師は米田猛教授@富山大。この3月まで奈良県教委で指導主事をなさっていた方で、国立教育政策研究所が出した「教科の評価基準の解説」の執筆も担当された先端を行く先生。「伝え合う力」とは何か、から始まり、国語科で身につけるべき力と、その指導法についてわかりやすい話のオンパレード。これまでの自分の取り組みの中で至らなかった点が具体的にわかった。内容の充実したとてもお得感のある集中講義だった。今日からしばらく自転車で通勤することに。
7月27日(日)  午前中は別宅の境界確認と、壁などの手直しの打ち合わせ。午後からは、OFFに。
7月26日(土)  午前中は、先日の中條さんとの打ち合わせを基に、キーボー島の保護者向けコンテンツの修正と付け加え。配布文書とWeb Q&Aの前半部分をSKSに送付。午後は、富山情報教育研究会。本日の参加は、高橋くん、石黒さん、國香さん、渡辺さんと笹原ということで、一人20分強で実践論文に向けてコアな議論となった。夜は、駅前「甚八」。2次会は「ラコント」でブルネッロ・デ・モンタルチーノ。「小馬」経由で帰宅。
7月25日(金)  Web訪問者が70,000人を超えた。出勤。8:30〜9:15陸上練習。その後ひたすら図書のデータベース入力。午前午後とで、棚7段、500件余りを入力。途中、バーコードのシールを貼ったりもしているので、昨日よりもハイスピード。昼食時には、県NOCに総合部会の公式Webページを転送開設。帰宅後はぐったり、心に引っかかっていることがなかなかできない。
7月24日(木)  70,000人目の訪問者の方は、掲示板にでも一言書いていただければ幸いです。今日も出勤。8:30〜陸上練習。終了次第、学校図書館蔵書のデータベース化。今年度中に富山市内のすべての学校図書館の書籍をデータベース化する事業が進められている。最終的には、中央図書館で一元管理することを目的としているらしい。貸し出し・返却もバーコードスキャナで「ピッ」。麻生さんと2人で、午前中は170件。午後からは勢いに任せて300件あまりを入力。達成感はあるが、道のりはまだ半分弱。小規模校は一人あたりの分量が大きくて大変。でも調子に乗ると結構楽しかったり。
 19:30、小森さん、田尻T、吉田T、森Tと「SHOW-WA」。昭和時代風の玄関構えを演出しているおもしろい店。味もよい。通された3階席が、全然昭和風じゃなかったのが残念(^^;)。ブリックで2次会。雑談をしながらも実践ベースでの話もできる気易いメンバー。
7月23日(水)  もうすぐWeb訪問者が70,000人になる。出勤。8:30〜、陸上練習。9:30〜ブラスバンド練習。10:30〜プール当番。しかし、あいにくの雨模様で子供は現れず。再びブラスの練習を見た後、昼食。プール午後の部は、のべ16名が入泳。午前より雨は強かったのに元気だ。隙間時間にはやりそびれていた学級事務。15:30〜校区巡視に出て、そのまま呉羽少年自然の家へ行き、打ち合わせ。新しい試みには大変協力的。
7月22日(火)  出勤。陸上練習は途中からの雨で体育館に移動。終了後、勉強会の面倒を見ながら、同時進行でブラスバンド。午後、県総合の研修会での訪問先の一つ「棚田」の下見のため、村田さん@県農村環境課、毛利校長先生、木本先生、牧野先生とスクエア中野に集合。日本棚田100選に選ばれたという八尾町三乗の棚田を見学。帰宅後、夜は早々に寝入ってしまった。崇生は今日から立山登山。
7月21日(月)  海の日。午前中は、富山市総合部会の昨日作ったWebをバージョンアップ。ちょっと見にはたいしたことがなくても、作り込むには時間がかかる。午後はJRで金沢へ。中條さんと日航ホテルのラウンジでキーボー島サイトの保護者ページの内容検討。ほかにもいろいろとミーティング。8月5日に金沢での勉強会に参加することに。17:00頃のJRで富山へ戻る。夜更けに今日の検討事項を(半分だけ)まとめて送信。仕事をしながら、久しぶりにラベルとラフマニノフを聞いてみた。新鮮。
7月20日(日)  午前中は、諸々のメール処理。内容はすでに夏休みバージョン。マリエでコンタクトレンズの更新。時間待ちの間に「バカの壁(新潮新書003):養老孟司」。人間の知力の壁は、認知的なものと肉体的なものがある。それでもやはり限界はあるんだよね。帰宅後、午後は富山市小教研総合部会のweb作成。スタイルを決めるには時間がかかる。もっとも、ケーブルTVで「青の6号」を見ながらだったからな尚更かも。一応形になったので暫定オープン。アニメの方も、3DCGが多用されていて、セルアニメ時代のものとは全く違った質感とスピード感のある作品だった。活劇に流されない、ストーリー展開もよい。異質のものがわかりあうには心を閉ざしてはいけないというテーマは、奇しくもさっき読んだ「バカの壁」のも書かれていたことだ。夕食後、「ぼくらの最終戦争(角川文庫):宗田理」。2時間で読了。教師をあまりにも戯画化しているし、主人公たちのやっていることは歴とした犯罪である。そういう理屈抜きで読めということなのかもしれないが、ちょっと子供だましが過ぎるかな。バーチャルと現実を混同視する人間が増えている現代において、読み物だから許されるというのはそぐわないように思う。さらに「理由(朝日文庫)宮部みゆき」を読み始める。ピアソラを聞きながらweb更新。WebARINAのホスティングサービスがバージョンアップしていることを知る。乗り換えなくっちゃ。
7月19日(土)  這うようにして起きる。エステート若林時代のお隣さん一同でバーベキューのため朝から準備。出撃前に「キーボー島」の一斉テスト報告を送信。9:30、家を出て、「ファボーレ」で買い出し。あいにくの雨で会場が八尾「ゆめの森」から「天湖森オートキャンプ場」に変更。迷いつつも無事到着。皆さんとはかれこれ15年来のおつきあい。子供たちも大きくなった。茜は、お姉ちゃん軍団に囲まれてご満悦。大人も話しに花が咲く。天湖森はアクセスは悪いが施設としてはとてもよい。今度は、キャンプかコテージ利用で訪れたい。「楽今日館」で温泉につかって帰宅。思ったよりも疲れていて心地よい眠りに。
7月18日(金)  明け方までかかったが、とりあえず「あゆみ」完成。めでたし。いつもより30分早く出勤して、出欠を記入。終業式、学活な午前。子供たちの一喜一憂する姿にわたしも一喜一憂。午後、学級事務。13:30〜、プール循環器の説明会。14:00〜、職員打合せ。15:00〜、県総教セにて交通安全特別対策事業の説明会。WEB作りを通して子供たちの交通安全意識を高めようという事業。瀬戸さん@氷見西部中、溝口さん@福光中部小らも参加。去年のを見たけど結構力の入ったWEBもある。
 いったん帰宅し、18:30〜職場の学期末懇親会。「CIBO」でイタリアン。味よし、ワインよし。2次会に「ぶらっと」。「ブリック」は貸し切りだったのか灯りが消えていたので帰宅。
7月17日(木)  1限目に学期のまとめの見直し。終わった子供から、WEB作りの仕上げ。2限目にかけてほぼ完成した感じ。特に進めたわけではないが、2ページ目を作ってリンクを張ろうとする子供がいる。操作技術もいつの間にか高まっている。3限は、連合運動会に向けてハードルの練習。清掃後下校。午後からは学級事務。14:00〜、教材教具点検。16:00〜、富山市教育センターで、深井さん、尾島さんらとコンピュータ研修(テレビ会議の活用)の事前打合せ。永井先生に腹案があったので、それを基に、授業として活用するときポイントがわかる展開になるよう検討した。帰宅後は、明日の終業式に向けて学級事務。今夜も眠れない(宮部みゆきかっちゅう。^^;)。
7月16日(水)  今日も朝から肌寒い一日。でも、4限、気合いを入れてプールに入る。3限には、夏休みの生活についての学活。今日は給食最終日。図工室や音楽準備室の荷物移動の仕事が入り、接続テストは断念。5,6限、総合は昨日の続きでまとめ。もう一息というところで時間切れ。明日もう1時間で完成。子供たちは、理科で育て先週掘り出したジャガイモを分けあって帰る。放課後は学級事務。今年は夏休みに教室整備とネットワーク環境に手をかけたい。
7月15日(火)  1,2限、総合のまとめ。学習したことはWEBページにまとめることに。下書きを終えた子供から、マシンに向かう。今学期の実践では、実物をほとんど目にしていないので、写真がないため、文章中心のWEBになってしまう。スーパーマーケットに出かけてスパイスの写真を撮り集めるまでできるようになればよいと思うが、経験が少ないためかなかなかそういう発想に至らないのが残念。給食後、キーボー島アドベンチャーの全国一斉接続テストに参加。今日は接続にかなりの時間がかかる。NHKから、富山版川動画プロジェクトの報告書が届く。16:00〜、清水町小にて、富山市総合部会の目標分析研修会。夏季研修会の打ち合わせを行う。先生方が児童役になってのワークショップの流れがほぼ固まる。1日目の市役所や国校省の皆さんを招いてのシンポジウム(総合的な学習における教師のコーディネートと官公庁との連携)を受けて、5グループに分かれて、実際に総合的な学習を経験することに。流れを決めていく過程が総合的な学習のカリキュラム設計の研修になっていたので、結構有益な時間となった。しかし、終わってみれば19:30。行きがかり上、富山市総合部会のWEBを作ることになった。
7月14日(月)  朝から筋肉痛(^^;)。2限、肌寒かったけれどプールへ。今年は7月に入ってもいっこうに気温が上がらず夏らしさを感じない。もっともおかげで教室にいても、暑さでぐったりすることなく能率が上がってよい。
7月13日(日)  8:00堀川小体育館にて校区ビーチボール大会。体が痛い。登山よりきついです。午前で帰宅。J-PRESSでマドラスチェックシャツ等、Lands Endでチノパン等、ネットで海外通販。午後は、明日の一覧表提出に向けて評価の仕事。夜通しがんばってあとは評価のペン書きというところで時間切れ。仮眠2時間でがんばったのに。
7月12日(土)  午前中から学校へ行き評価の仕事。メダカの水槽の水換えをしたり、メールを送ったりと何となく逃避モード(^^;)。夕方帰宅。夕食後、クリーニング店、UNIQLO。本屋で「リセット」宮部みゆき、「八月の博物館」瀬名秀明、購入。いつ読むんだろ?
7月11日(金)  学期末のテストな日々その2。今日は学期のまとめ、国語と社会を消化。社会科では、小学生に問うにはあまりにも高度な、時代背景を客観的に認知していないと書けないような出題があった。願いとしてはこういう問題を解けるようになってほしいが、ミニマムスタンダードではないように思う。4限は英語活動。5限、水泳指導、涼しくてご機嫌。
7月10日(木)  学期末のテストな日々その1。理科と算数の学期のまとめ。合間に、総合でこれまでわかったことの発表会。スパイスの薬効や、宗教と食文化のつながりなど、内容的に深まりのあった子供の話を中心に、食と生活のつながりを話し合う。一番感じたのは日本との感覚の違い。でもそれを否定的に見るのではなく、そういう食の形もあるのだろうと納得しているところがよかった。
7月9日(水) わたしのWEBを見てメールを寄せいていただいた、原田さん@川口市をがほりたんの上越での集中講義を受けることになる。情報教育について自分からアクションを起こして学ぼうとする意欲的な方。情報は発信するとことに集まるということの典型だ。
7月8日(火)  ITCE3級合格の通知がメールで届く。難問だった上に日に日に間違えたところがはっきり認識されていたので、ほとんどあきらめていたが、まずはよかった。総合で、大使館に問い合わせの手紙を出す者が現れる。教材パッケージ「日本全国ここが知りたい」を作ったときの手紙ワークシートが役立っている。放課後、生徒指導委員会、就学指導委員会と立て続け。帰宅後はofficeのupdateに時間を費やす。
7月7日(月)  週の初日からぐったり。でも今週はあっという間に過ぎそう。走り高跳びは盛り上がった。
7月6日(日)  データが戻ってこない虚しさの中、帰ってきたダイナブックの設定を開始。4月バックアップを確認すると、メールだけで、ドキュメント類はないことに気づく。最終バックアップは2002年10月と判明。昨年度の学会を始め、なくなった数々のプレゼンデータや2度と取り戻せない写真データが痛い。後悔先に立たず。でもやっぱり後悔後悔。様々なソフトウエアをインストールしあらかた復旧。午後、呉羽地区相撲大会の応援。帰宅後さらに作業。ホームページビルダーをvectorで購入。前と比べてもマイナーチェンジという感じ。それを使って、この日記を書きました。
7月5日(土)  崇生の市民体育大会を観戦。Bチームの大将だったが、結構安定感のある戦いぶりに関心。3年も続けた会があったというものだ。団体戦はリーグ2位で決勝トーナメントに進むも敗退、3位決定戦にも惜敗。個人戦は、呉羽中相撲部で練習している恐ろしき6年生と対戦するくじ運の悪さ。でも正面から当たっていくところに感心。
7月4日(金)  2,3限総合。世界の味をテーマに探求。この夏休みに、富山市内全小学校の図書をデータベース化することになり、事前整理のために今日で図書室が閉鎖になる。これで見られなくなるので、書籍にあたっている子供は真剣。来週はまとめに入って、これまでわかったことの報告会をした後、Webにまとめていく。午後は5,6年で英語活動。担任だけでの指導で子供たちは勝手が違ったようだが、わたしは結構がんばりました(笑)。ちゃんと意図と目的のある英語活動となるよう、カリキュラムを考える必要があると思う。
 14:35に子供を帰し、6限に、体育指導研修会。体育専門指導員の松岡先生に、3年生を相手に鉄棒指導の実践をしていただく。小雨の降る中1時間近くの授業となったが子供たちはよく集中していた。その後、体育館にて、室内鉄棒を使って教員対象の研修会。他校からの参加もあり充実した研修会だった。大変立派な室内鉄棒が設置できることをはじめて知った。
 18:30〜、夏の県総合部会研修会で行うシンポジウムの登壇者との打ち合わせ兼懇親会。小山さん@国交省、京田さん@市役所、石原さん@ファミリーパークなど、業務内容は違っても同じベースで話ができる人は存在する。そういう人を集めてしまう木本先生@東部小もまたすごい。いいシンポジウムになりそう。(でも、みんな話しすぎると大変かも)。桜木町で2次会。渡辺さんと寿司をつまんでから帰宅。
7月3日(木)  午後は、学習参観(国語)、家庭教育学級、学級懇談会と続いた。家庭教育学級は、「読書のすすめ」といった内容で、蛯谷先生@堀川小学校図書館司書のご講演。帰り際に、「子供さんにいつも利用いただいています」と声をかけられて恐縮。懇談会では、2学期の取り組みについて出席者のみなさんからは賛同をいただいた。
7月2日(水)  午後は、要請訪問。4年山本級の総合「レッツトライ。ごみ減らし」。指導は荻原指導主事。結構本音トークの協議会に荻原先生からも忌憚ない意見をいただく。富山チームでやっているようなペースでの討論になってとても充実していた。「ごみを減らしたい」と先生が提示することの妥当性を問題として指摘されたのに納得。減らしたいと子供が思うから調べたり体験したりといった学習につながるんだものね。総合では、子供が課題を持つまでが大事だということを再認識。
7月1日(火)  総合の夏期研修の文書がML上で回っている。各自が、印刷して文書受付してもらうことに。これだと効率化が図れるが、果たして何人の方がこれで対応されたのだろう。運営委員会wgMLでは、相変わらず返事さえ返されない方がいらっしゃるが、果たしてご覧になっているのだろうか・・・。