情報教育紀行2003
あなたはSasaのホームページの
[an error occurred while processing this directive]人目の訪問者です。

 
4月30日(水)  あっという間の1か月。16:00〜学校課題についての研修会。今年度はカリキュラム設計の妥当性を、子供の評価と教員の評価の方法を具体的に明らかにすることによって、検証していこうというきわめて教育工学的ですっきりしたした内容の研修になりそう。それだけに、シビアな成果が要求される。緊張。「子供が生き生きと」とか「主体的に」といった曖昧な規準ではなく、成果がはっきりと問われるようになる。校務処理のために、おそくまで勤務。明日は遠足だが、天候は晴れ模様。よかった。
4月29日(火)  みどりの日。午前中、茜の相手をしながら、崇生のローベースボール大会の応援。崇生の学級が今年度は「川」をテーマにしているらしく、午後からいたち川へ探検に出かけていった。漁網を補修。午後からはすっかり午睡。夜、上月の報告のために領収書の整理。山脇さんが寒江小を訪れたいとのことで、日程の調整。「2005年の教室を考える会in中部」開催のメールが回る。実践レポート持参が義務の密度の濃い研究会になりそう。
4月28日(月)  午前中は普通授業。14:30、ラジオ番組「がんばれエコキッズ」取材のため、中島さん@北日本放送来校。帰りの会を済ませ、取材に参加の子供と図書室へ。子供たちは、訥々ながら一生懸命に取材に答える。1年間の活動はあまりに長く内容も多く、質問されるほどに話が拡散していく。記憶が曖昧になっているところもかなりあった様子。30分以上の聞き取り取材の後、ようやく収録開始。事前の打合せの甲斐があって、ストーリーのあるインタビューになったように思う。取材完了は16:15頃。記念にKNBグッズをいただき、子供たちは大喜び。子供たちがお互いの活動を意外に知らないことに驚く。今年度は昨年以上に相互評価を具体化して、お互いの実践が見えるようにしたいと考える。職員会。終了後、高橋研究室へ。川岸さん@富山リコー(名前を間違えていてごめんなさい。^^;)、山原さんらとお知り合いに。じゃんがらラーメンで高橋くんと土日の反省会。山脇さん@鳥取が堀川小の公開研に来るとの連絡をいただく。
4月27日(日)  7:30起床。堀さん@慶応大学院から、教育とメディアの関わりについてのアンケート依頼があったのを思い出し、回答してみるが、その途中で、堀さん=永井美奈子さん@元日テレアナであることに気付く。考えて回答したら結構時間がかかった。9:00蜷川小へ。ホームページの転送設定について、稲本さんにレクチャー。これまでWebのデータを入れていたリースマシンを返却するため、学校のマシンに全ての設定を移すことになったようだ。学校Webのデータが行方不明になっていたので、NOCからダウンロードしてみたが、これがまたすごい量のデータで時間がかかる。蓄積は大きいものだ。でも、あまりに時間がかかるので、途中で中断し、ホームページ作成のポイントについていくつか話した後、蜷川小を後に。新店「こいや来屋」で来美(くるみ)ラーメン680円煮卵、鳥、豚チャーシュー入りを食して一旦帰宅。
 13:00自転車で大学へ。澤橋さん、康之さん、渡辺さんらと昨日の続きで、デジタルコンテンツを活用した指導案作り。コンテンツにもいろいろ問題があることを感じつつ、とりあえず、活用の方法を考えていく。15:30までに3本作ったところで、頭が飽和状態。16:30までに全体で30個の指導案が完成。2日間でこれだけの成果は恐るべし。
 17:00に帰宅。茜と散歩。夕食後、市議選の投票へ。夜は、KAWAIのスコアメーカーを使って「ヤングマン」のtpパートの楽譜作成。NHKの報告書が・・・(泣)。
4月26日(土)  朝はWeb更新。10:30頃家を出て五福公園に向かう。マクドナルド杯トーナメントでたくさんの子供たちが集っているが、寒江小野球部の姿は見つけられず。仕方なくそのまま富山大へ。昨日連絡が入ったプロジェクト事後処理について、山西先生、高橋くんとミーティング後、来たメンバーから順に、富山版のデジタルコンテンツを活用した授業の指導案作り。13:30 にはフルメンバーがそろい、15:30まで作業。完成したのは9事例。完成間近なのもあり、明日の締め切りまでに、20事例以上は期待できそう。ただ働きはきついけど(^^;)。15:30〜、第3回富山情報教育研究会。ゲストは山西先生。山西先生を中心に討論が深まり、大変密度の濃い研究会になった。18:30〜「寄せ木」。「小馬」経由で23:30帰宅。
4月25日(金)  4限、入学おめでとう集会。各学年の心のこもった出し物あり、プレゼントありでアットホームな良い集会だった。各学年とも、時間配分もよく考えてあり、コンパクトだがインパクトのある集会になったと思う。計画委員の子供たちはよく働いた。5限は結団式。厳粛に校長先生から団旗を受け取った後、各団に別れて活動。事前によく打ち合わせてあっただけあり、よく声も出ていた。6年生のリーダーとしてのデビューとしては、及第点かと。これからも継続的に、人前で語ること、相手に伝わるような内容と声で発信することを意識していくことは大事だと思う。
 家庭訪問は2日目。途中で、高橋くんから青天の霹靂的電話。もう終わったと思っていたプロジェクトが継続して(というか、再提出を命じられて)いたことが判明。対応を協議する。訪問終了後、学校に戻り、学級事務と机上整理。学校Web更新。竹内校長がPTA総会でプレゼンした、「学校経営方針」を公開した。
 「小3教育技術」に寒江小Webが大々的に紹介されていることを、河上Tが発見。職員室で話題になる。竹内校長には、わたしのこのWebもご覧いただいているようで・・・感謝いたします。(早速ネタにしてみました。笑)
4月24日(木)  午前中、結団式の準備。各団とも次第に工夫が出始めて頼もしい。午後、家庭訪問1日目。途中の空き時間に学校に戻り、柴田さん@北日本放送に電話し、取材承諾の旨を伝える。夕刻、木本さん@東部小よりTEL。上月の報告について相談。
 訪問終了後、学校に戻り、情報教育年間指導計画の作成。学年毎に題材名、学習活動、評価項目を明記した年間計画を構想する。教師が学習に取り組みやすいように、題材は、火曜の会Webに掲載の教材パッケージや、「パソコン名人になろう」などから選択。ワークシートやテキストがそろっているので、ただの学習計画よりは取り組みやすいことだろう。
4月23日(水)  昼休みに西尾さん@ジャストシステム来校。ジャストスマイル2のβ版を何枚か頂く。今度の休みにでも使ってみよう。販促品のカレンダーなどたくさんいただいたので、子供たちにも分配。大喜びであった。たくさんあったので職員の皆さんにも分配。5限、ペンタブレットを使ってみる。はじめは使い慣れない様子だったが、あっという間になれてしまうあたりさすがに子供は柔軟。放課後、計画委員の子供たちと、「入学おめでとう集会」の準備。柴田さん@北日本放送から電話。ラジオ番組で新鍛治川プロジェクトについて取材をしたいとのこと。管理職と相談の結果受けることに。
4月22日(火)  午後、国立立山少年自然の家に、宿泊学習の合同打合会。プラネタリウム、理科実験室、コンピュータ室などを備えたエコスクール館という学習施設が整っており驚く。生涯学習を見越して、事前事後学習と体験活動を組み合わせられるようになっている。デジカメ等のメディアもそろっており、数年前から国少立山が地道に取り組んできた、研究的実践が実を結んでいる感じがする。独立行政法人化されて、採算も求められるが、それに応える施設になっていると感じた。活動の方は、同日程の学校が全て参加している上に、顔見知りが多く、大体うまく調整がついた。
 帰路、立山博物館周辺、家族旅行村の下見。旅行村の事務所と山野スポーツセンターに挨拶。遠足に訪れることを報告し、雨天時の体育館を確保。名刺を差し出せば、学校名を問い返されることなくすんなり受けてもらえる。威力は絶大。
4月21日(月)  土曜日の代休。みんなを送り出してちょっと二度寝。暴れん坊将軍(再放送)のテーマで目覚めた(笑)ところで、雑事をこなす。Book Offに漫画本を出してみたが二足三文。在庫率と買取り価格と収益の関係はどうなっているのかな?「クロスファイア(宮部みゆき:光文社新書)」を200円で購入。長い間借りっぱなしだった本を県立図書館に返却。その足で、高橋研究室へ。高橋くん不在の間メールチェックやWEBの更新などしていたが、なかなか現れないため、山西研へ行ってみる。山西先生、高橋くんと今年度の富山での研究会の持ち方についてミーティング。生協で「読書力(齋藤孝:岩波新書)」「質問力(齋藤孝:筑摩書房)」「学力低下論争(市川伸一:ちくま新書)」購入。午後は、NHKの実践レポート書き。しかしあまり進まず帰宅。夜は、家にて校務処理。
4月20日(日)  長かった週の疲れをいやした一日。朝は、崇生と吉野家。崇生のめがねを購入。その足で寒江小に、夕べ置いて帰った車を取りに行く。恩田陸「ねじの回転」読了。夜は、早々にダウン。F1を見そびれた。
4月19日(土)  学習参観。月曜日の日課ということで、午前中は普通授業。弁当の昼食後、子供たちとPTA総会準備。よく働いてあっという間に終了。5限は参観。理科で「ものの燃え方」の授業をしたのだが、子供の反応は微妙。竹内校長Tは理科だし、保護者にも理科部会の教員や指導主事がいらっしゃるしで、冷や汗ものの授業だった。今度から教科の選び方を考えなきゃ(笑)。その後総会、学級懇談会と続くハードなスケジュール。勤務後は、地区センターでPTA歓送迎会。「源七本店」で二次会。「しゅっぽっぽ」でラーメン後、帰宅。
4月18日(金)  今日も放課後は、教室環境を作る。今週はホントに長い週だと感じる。もう1日がんばろう。
4月17日(木)  Web学級日誌の設定をしたので、記録できるようになる。しかし、「宝箱」が今年度版にならないため、昨年度の延長のようになっている。どうやったら設定できるのかな。放課後は教室環境をいろいろ、しかしほとんど進まず帰宅。
4月16日(水)  今日からデジカメスピーチ再開。昨年度の2,3学期はずっと新聞からスピーチしていたが、久しぶりでも、結構抵抗なく進めていて感心。午後、山田さん@WACOM来校。ペンタブレットのインストール。16:00〜ペンタブレットの活用講習。みなさん初めてなのにけっこう使いこなしていた。終了後はひたすら校務処理。20:00学校を出て、高橋研究室経由で帰宅。次回の研究会の方向について話すのが目的だったが、久々にあったので四方山話。
4月15日(火)  夜、ペンタブレット活用プロジェクトの打合せ。WACOMから4名の他、ブレーンになっている高田さん@高陵社も同席していてびっくり。WACOMさんの好意に甘えるだけでなく、実践が求められる。
4月14日(月)  午後、富山市小教研全体研修会&部会研修会。今年度は総合部会に入ったが、事務局に木本さん、高木さん(昨年度は専門委員)、部員に渡辺さん、深井さん、尾島さんと情報教育な人々が並ぶ。研究の視点も教育工学的で、目的と内容と方法が明確でよい。ところがいざ、授業者の決定になると、高学年部会はみんなうつむき加減(笑)。昨年度から続けて入っている方も多いだろうに、事前のリサーチでは誰も受けなかったらしい。話を振られた方もなんだかんだと理由をつけられる。こちらに振られれば断る理由もなく、授業をお受けすることにした。それにしてもみなさん何を目的にこの部会にいらっしゃるのかしらん?中学年の授業者は渡辺さん。我々の考え方が果たして受け入れられるやら(^^;)。授業研究は10月6日(月)の予定。
4月13日(日)  午前中は、茜のお相手。午後は、自転車。OFFな1日。
4月12日(土)  OFFな一日。たまっていた返事が必要なメールを処理。丹波さん@東海スクールネットから、5月に講演の依頼。大きな話だが、とりあえず受けることに。最近、週一の更新が定着しているなぁ。
4月11日(金)  委員会発足。させられる委員会から、自分たちで進める委員会へ。事前指導に時間をとったが各担当の先生からは、概ねよくやっていたという評価をいただいた。活動が始まってからが肝心。卒業アルバムは結局地元写真館に頼むことに。しかし、予算はかなり低く見積もられている。終礼後日課表の最終調整。体育と音楽は5,6年合同TTという、学年を超えた学習形態を指向することになった。小規模校であることを逆手にとった試みになりそう。
4月10日(木)  永井T@市教育センターから、夏休みの研修会講師の打診。放課後職員会。案件が多く、終わってみれば18:10。そのまま学校を飛び出し、事務所から茜を拾って帰宅。茜と一緒に横になっている内に早々にダウン。
4月9日(水)  帰宅したらぐったりしている。毎日が大変。今年度の小教研は総合部会へはいることにしたら、早速授業研究の打診が。顔ぶれも不明だったので、とりあえず丁重にお断り。
4月8日(火)  今日から給食も始まり本格始動。全てのことは、「去年と同じで行こう」ではなく、「去年はこうだったけど今年はどうする」と問い直すようにする。子供たちには抵抗なく人前で話す力をつけてほしいと感じる1日だった。WACOMから、ペンタブレットの新品が20個届いた。これが全部貸し出し用だとしたら、いったいどれだけの実践を期待されているのかちょっと不安。
4月7日(月)  入学式。今年から新入生と言えども赤ちゃん扱いはしない方針。1年生もそれに応えて立派。会場も対面式で、新規一新。6年生は後片付けも立派に。夜、第一ホテルで歓迎会。今年も披露してしまった(^^;)。2次会は、1階の喫茶。さらに城址公園の桜の下で。自転車だったので、ブリックに寄ってみたら中里さん@KNBアナウンサーとお近づきになった。
4月6日(日)  夕べの夜更かしのため、起床が11:00頃に。そのままごろごろ。のんびり過ごせて良かった。
4月5日(土)  吉井さん@豊田小から「子供向けパソコンテキストを自費で出版したいいとこがいるので中身を見てやってほしい」という連絡があり、良いですよと返事をしていたら、その日の内に来訪。コンセプトとしては、子供の引っかかりそうな所に配慮してあったり、修了証があってモチべーションが上がるよう工夫してあったりと、かなり良い線にいっている。学校でのテキストとしての採用の可能性を考えていたようで、カリキュラムとして位置づけられる内容になっているかという点と価格の問題で、実現は難しいと助言。初版2000部で全国展開をしても良いといっている書店があるそうなのでそちらで出版してもらう方が無難と感じた。 夜、「亡国のイージス」を読みふけった。27:00就寝。
4月4日(金)  離任式、着任式、始業式と一連の行事が続く日。今年は持ち上がりの6年生だが、新たな気持ちで臨みたい。今年のテーマは人前で表現できる力を高めること。メインは学習発表会か?午後は、入学式準備。子供たちはよく働いたので、予定時間の30分前に終了。いいペース。
4月3日(木)  今日も午前中は職員会。児童会、委員会、クラブなど子供の活動に関わる提案があった。させられる活動から、自分たちが考え選んでする活動へとパラダイムを変換するよう、教師自身が意識を変えていくことで共通理解が図られた。午後は、学級事務。卒業アルバムの自作に関して、校長、教頭と相談。学校Web更新。今年度も昨年度と同じデザインでいくことにする。教室の整頓。「亡国のイージス」は、数年前のフィクションだが、かなり多くのことが現実化しているところがすごい。「第1回AiAホームページコンテスト」の表彰式の様子が公開されていた。
4月2日(水)  新年度2日目。午前中は職員会。終わりきらずに午後も継続。一日中活動に追われている現実から抜け出しつつ子供の力を伸ばすためにさまざまな案が出るが、全てを受け入れられるはずもない。どこかを生かせばどこかが切られるわけで、どこを切っていくのかという視点も時には必要だと考えた。どれも大事だが、どこのポイントを絞って学習活動を作っていくかという視点を持つことが大事。会議後、縦割り班活動の年間計画。昨年度まで何となく隙間の時間に実施している印象があったが、総合に位置づけ、評価項目も明らかにすることになった。できてみれば、17:00。ジャストシステムさんから、自作アルバムの見本が届く。しばらく学級事務をして帰宅。さほど仕事はしていないようだが、気ばかり疲れている。
4月1日(火)  今日から新年度がスタート。職場が変わったわけではないが、新しいメンバーを迎えて何となく緊張の一日。今年度は、最上級生の担任であるが、小規模校ということもあって、自分たちの動きがそのまま学校運営につながる。大変であるがやりがいのある一年でもある。今年度は、二つの目標を上げる。
 
1 自分で設定した〆切を守ること
 2 ケアレスなミスは犯さないこと
 3 体重を5kg以上落として維持する
(全国公開するのは冒険だ。笑)
基本に戻って、ひとつひとつの活動を着実にこなす人でありたいと思う。

 午前中は職員会。午後、学級事務。教室の後片付け。他校の人事情報が断片的に入ってくる。荒れ模様の所もあったみたい。ジャストシステムから、「はっぴょう名人」を活用した自作卒業アルバムに関する情報がメールで届く。フジカラーが印刷を担当するので、写真の仕上がりには信頼が置けるところ。寒江としては価格的にはかなりリーズナブルになる。装丁の程度によっては、そういう活動も良いかもしれない。尾島さんから、ペンタブレットの実践研究に関するメール。富山のチームに貸し出しが行われるようだ。18:30〜、第2回富山情報教育研究会。この顔ぶれだと話し合いも白熱。みんな4月1日だというのによく資料を用意している。しかし、研究として見せるとなるとなかなかポイントが絞れなくて苦労している様子。わたしは、今回辞退してしまい反省(^^;)。21:30、高橋くん、國香さん、渡辺さん、高畠さんらとココス。初日は語ることが多い。23:00帰宅。