情報教育紀行2002 8月号

あなたはSasaのホームページの [an error occurred while processing this directive]人目の訪問者です。


8月31日(土)
今日で8月は終わり。でも朝から体調不良。午前中、縦型ドラム式洗濯機の購入につき合う。午後から発熱でダウン。アルバムだけでもと思ってIMETS編を更新。でも、これ以上もたないので、全てをほおって休むことにする。

8月30日(金)
出勤、コンピュータ室のマシンを設定のために稼働。いくつか設定。9:30〜ブラス練習。途中で河原さん来校。練習を見守る。10:30校区や周辺の川の様子を視察。地区センターで取材。昼食をはさんで、牛ヶ首土地改良区、神通川左岸浄化センターを訪問。予想外に一日教材研究することに、予定は変わってしまったが、大変よい教材研究になったし、番組協力への気構えもできた。空港までお見送り。帰宅後、永野先生に関わる新プロジェクトを組織。Web更新。

8月29日(木)
日直。9:30〜、ブラスバンド練習。10:30〜、コンピュータ室のソフトウエア等の整理。10:50〜、IUKの新井さん来校。コンピュータ室に机を運び込んで、未設置だったマシンを配置し配線作業。エアステーションの設定を教えていただく。サーバの設定についても質問したが、予想していたよりも使える部分もありそう。午後、今度はNEC来校。サーバの保証書を探しに来たらしいが、結局、見つからず。ついでにサーバのバックアップ等について質問。午後から、職員室のA3対応カラープリンタの設定をしようとしたところ、注文したのとは違う機種だったことが判明。最新型なのはうれしいが、ネットワークへ入れるにはUSB対応のプリントサーバが必要なことが判明。あきらめる。そうこうしているうちに、16:00からは花壇の水やり。自分のことは何もできないまま。終了。19:00、BASARAでNHK川原さんと、寒江小で撮影する番組「川」の内容について打ち合わせ。いろいろ誘ったけど今日は都合つかず。途中渡辺さんが合流。22:00帰宅。

8月28日(水)
9:00〜、校内研。1学期の振り返りに1時間。2学期の校内研修や指導主事訪問での授業内容の検討。時間はかかったが、学習に対する根本的な考え方から話し合う機会が設けられたことは画期的だと思う。しかし、一人20分ほどかかり、午前中では全員終了せず。午後からさらに1時間検討。特に総合に関しては、それぞれがそれぞれにさまざまな理解をしていて紛糾。面白かったけど、方向性は定まらず。なのに、自分の時だけ5分あまりで終了。つまらなかった(^_^;)。14:30〜、情報教育研修。新規に入ってきたソフトウエアを紹介。教室に配布されるノートパソコンの説明をした後、各教室に持ち帰って、接続をテスト。とりあえず、つなぎ方がわかって安心されたかな。保健室や職員室はつながらないことが判明。

8月27日(火)
IMETS2日目。9:30〜、堀田先生と木本先生のセッションでスタート。木本先生は、実践者本人ではないというハンディを乗り越えて、ときどき固まっては会場の笑いを取りつつ、しっかりテーマに沿った内容になっていたように思う。何より原稿棒読みではなく、自分の言葉で語っているのが良い。石田先生@文教大学長の記念講演。この方の評価文例集は参考にさせてもらっている。人の暖かみを感じる方だった。午後は村川先生のセッション。堀田先生、中川先生をライバル視している発言があり。圧巻はシンポジウム。山極先生、永野先生、坂元先生が、学校の質、教員の資質の向上や、研修への構えなどについて、行政、実践、思想の立場からそれぞれ話す。山極先生は絶好調で過激な発言あり。永野先生や司会の水越先生も、フォローするようでいて追い打ちをかけている。教育のシステムも教員を巡る環境もしばらくのうちに激変する気配。シンポ終了後、山極先生の写真を撮ろうとすると「富山の先生でしたねー」と一言。顔が認知されているのか?永野先生とパッケージの件でしばし打ち合わせ。澤橋さんの携帯が行方不明に。見つかるといいね。品川経由で羽田。最終便で富山へ。2日間で、学力と評価、教員研修についてのたくさんのことを学んだと思う。しかし、昨年度ほどの充実感は得られなかった。来年はどうしよう?この3日間で80人ぐらいの写真をget。整理が大変。

8月26日(月)
IMETS1日目。9:30に会場へ。昨年よりは顔なじみがはるかに増えている。昨年もそうだったが、会場の開くのが時間ギリギリ。参加者も多くなっているようだし、余裕を持って収容するようにしてほしかった。開会式の後は水越先生の講演。学力の考え方を歴史的経緯を交えながら端的にレクチャー。しかし、開会式が長くなったため、肝心の講演が短くなる。高い参加費を払っているのにがっかり。昼食時に木本先生が合流。かなり緊張した様子だったが、話の内容を評価に絞ることが十分意識付いていて安心。12:40〜木原先生のセッション。実践発表者は全くの準備不足。IMETSの参加者の顔ぶれと意気込みを理解しているだろうか?実践校に選択に疑問符。木原先生のお話は、充実した内容。実践者を立てつつ、研究自体には関わっていないことをアピール。企業ブースの見学時間を経て、17:10〜、中川先生と深井さんのセッション。深井さんの芸風をうまく引き出し、二人でかけあい。深井さんの発表は、具体的な活動と意図した育てたい力のつながりがダイレクトに見えるのがよい。懇親会に出ない組(内山先生、横井さん、澤橋さん、尾島さん)で、品川つばめグリルで夕食。20:30〜、大黒さんが予約してくれた新橋養老乃瀧で、懇親会参加組と合流。別会議に参加していたほりたん、小川先生一行も到着して、20人予約が40人にふくれあがる。こんなふうに日本中の先生が集えるのも、大黒さんがわたしたちの心をつないでくれたからだと思う。ダイコックの偉大さを改めて感じるひとときだった。24:00お開き。堀田先生、深井さん、康之さんとタクシーで大森東急イン。今日1日で60枚ほど写真をget。山脇隆さんは、写るのが一つの目的だったらしい(^^;)

8月25日(日)
7:30起床。本日のまなびピア会議の資料準備。デジタルコンテンツを活用した授業プランを「和楽器」をテーマに構想してみた。12:40の便で康之さんと羽田へ。東急で宝町へ直行し、15:00〜、スズキ教育ソフトの東京営業所でまなびピア2002会議。ギリギリ間に合った。國香さん、渡辺さん、石黒さん、光一さん、児玉先生らが参加。斎藤さんは静大時代と違い、すっかりキャリアウーマン。かっこいい。18:00過ぎまで会議。3本の授業展開が、コンテンツ込みでほぼ固まった。途中、NHKより水野さんが合流。金井さんらも登場し、会議の後がにぎやかに。18:30〜八重洲駅前の高層ビル地下で、懇親会。堀田先生と國香さんは明日の打ち合わせ。帰ってからプレゼンの手直しをすることになる気配。21:00頃(?)富山組一部は帰還。小川さんと、徳島組、鳥取組合流でその場で2次会。ほりたんが帰った後も大盛り上がり。新橋養老乃瀧に場所を変えて3次会。24:00大森東急インにチェックイン。

8月24日(土)
5:30起床。寒江小の早朝奉仕へ。6:30〜7:30保護者、児童、職員でグラウンドの除草。NHKに振込先をfaxで連絡。教頭に、11月27日の木原先生の来校について相談。それまでに、学校としての評価やカリキュラムの考え方を整理しておく必要があることも念を押した上で、受け入れて頂けそう。帰宅後2度寝。午後、洗濯機と掃除機の買い換え。メール処理。NHK河原さんに授業の構想についてメール。夜、LINK-DBの残りを片付ける。本コロ、ようやく最後まで読了。机上の整頓をしたら積ん読本を大量に発見。いつの読めるのかな?

8月23日(金)
9:00〜、教育課程研。福江先生、光一さん、國香さんなど、見知った顔のオンパレード。県内的にも知人は増えている。実践発表があったが、質問、意見共になかなか出ず盛り上がらない。発表者は原先生のところに内留が決まっている棚田先生@福野小。せっかくだからつっこんでみた(笑)。休憩時に名刺交換。わたしの名前は知られていたらしい。富山での研究会にも参加するよう誘ってみたが乗り気の様子。虎矢二俣店で昼食。「こってり」はこれ以上ないくらい色の濃い醤油ラーメン。太麺がスープにからんでバランスがよい。醤油が立ちすぎて、酸味を感じるのがちょっと難。14:00わたしのとやま作成部会。今年はあまり修正がなさそうなので、この仕事はゆったりできる。会議後古洞の森へ取材。高橋くんから電話。部屋のソファを研究室に運ぶのに車を出してほしいと頼まれる。研究室は向後先生の後の部屋だが、結構落ち着けそう。10人程度の研究会にちょうどよい部屋もある。これから益々大学が近くなりそう(笑)。今日は早めに就寝するつもりが「本コロ」にかかって結局24:00。なかなか読み終わらない。

8月22日(木)
出勤。9:30〜ブラス練習。参加はいつもより少なめだったが、やる気は十分。10:30〜、プール当番。最初の遊泳者は3人、最大で8人。監視も3人なのでほとんどマンツーマン。昼食は新湊の「まるなかや」。「まるたかや」に似た、透明なスープのラーメン。かりかりっとした油は臭みがなく、ちょっと硬めにゆでた麺はしこしこしてさらっと体に入る。今日だけのサービスの串3本がうれしかった。午後のプールも4人だけ。終了後、長岡論文タイトルの英語訳に挑戦。違っているだろうなと思いつつ、堀田先生にメールで相談。長岡論文と、NEW原稿を一応校長、教頭に提出。確認をいただく。NOCからhimiko-MLの登録完了の連絡が来たので、さっそく第1信。最初の返事が部長の塩原校長先生だったのに感心。
17:30、高橋くんにタイトルを相談するために大学へ。論文にも目を通してもらってアドバイスを受ける。修正に時間がかかりそうだったので、一旦帰宅。夕食後寝てしまい、22:00大学へ。その間に高橋くんの長岡論文は完成していた(驚)。結局、24:30までかかって訂正。まだまだ未熟だが、以前に比べると修正のスピードは上がっている。この論文は高橋くんの教官としての名前が出る第1号に。腹が減ったので、「樹亭」。26:00帰宅就寝。

8月21日(水)
5:00に起きてNEW原稿を仕上げて、中川先生に送付。午前中、部会研修。学習カルテの分析と2学期の総合的な学習の進め方について検討を行う。学習カルテは、内容と子供の自己評価のとらえ方を再検討する必要があると感じた。午後は、全員参加の情報教育研修。今年度入った機器類、ソフトウエア等の説明をした後、Web作成研修会。今日できた範囲で学校のWebに公開することに。寒江小は今年度大量導入で、単純に計算すると、全校を平均して子供約2.8人に一台のコンピュータという充実ぶり。小規模校ならではだが、大量に並んだコンピュータを前に、「これを使わないで眠らせたら犯罪ではないか」という思いもいやが上にも高まったようだ。NOCに市社会科部会ML(himiko-ML)の登録者名簿を送付
帰宅後、NEW編集部宛にも原稿送信。19:00には校正原稿が送られてくる。お題は「総合的な学習Q&A。校内研修の内容と留意点」。村井先生@石川総教セ、松下先生@金大附小も回答者だが、三人三様になっていておもしろかった。もうちょっと項目化したらよかったと反省。屋台の新店「すずらん」を味見。25:00「お話200人」に富山市コンピュータ活用研のみなさんを掲載。

8月20日(火)
9:00〜16:30、富山市教育センターにて、深井さん、石黒さん@太田小と共に、コンピュータ活用研修会応用V講師。テーマはフェニックスを活用した遠隔学習と交流学習。去年受講生だった石黒さんの「情報教育初心者の交流学習体験談」から始まって、科学文化センターの地下収蔵庫レポート(わたしが科文に移動してレポート)、深井さんや笹原のプレゼンTV会議・掲示板体験、太田さん@科文との模擬授業とだんだん深い内容に入りつつ、堀田先生のテレビ電話での講演でまとめという風に進んだ。大変盛りだくさんの内容だったが、一つのストーリーが構成されていて、受講者に楽しんでいただける内容になったと思う。テレビ会議を通してプレゼンを見て講演を聞くというのは初めての経験だったが、余り距離を感じることなく聞けて結構いいモノだなと感じた。将来、ホログラム画像とかが実用化されると、今以上の臨場感で遠距離講演ができるようになるのだなと、未来を感じるひとときだった。
帰宅後、NEWの原稿にかかるが仕上がらず。Webが50,000HITを越える。

8月19日(月)
午前中、寒江小の情報教育自主研。本日のテーマは、「デジタルカメラから始める情報教育はじめの一歩の実践」授業での活用についてプレゼンしたあと、実際に撮影して、データをフロッピーに落とす体験を行う。途中から同時進行で、NHKの市川さんと連絡をとって、動画サーバの設定。コンピュータ室では、今年度導入マシンのインストール作業。31台でこれほど時間がかかるのだから、80台とか入ったところはどうなっているのだろう?12:00学校を出て健康診断へ。14:30、富山市教育センターで、宮田先生、石黒先生@太田小、深井先生と明日の富山市コンピュータ活用研修会の打ち合わせと準備。テレビ電話の接続実験を行う。小川先生に連絡をとって、堀田研のTEL番を教えてもらい電話で接続確認を頼む。山田くんと仲林くんが即対応してくれる。快い対応に感謝。18:00、センターを後に。夜、明日のプレゼンの作成と、NEWの原稿書き。しかし、「ランチの女王」とか「濱マイク」とか見てしまって進まず(^^;)。

8月18日(日)
朝からはっきりしない天気。午前中は自転車でエクササイズ。午後、「誰が本を殺すのか」の続き。読み応えがありなかなか進まない。結局読んでばかりの1日だった。

8月17日(土)
午前、体調の悪い康子に合わせて、3人で休息モード。午後、茜を載せていたち川沿いを自転車で1時間ばかりサイクリング。16:00砺波郷土資料館。学芸員の安カ川先生に藤井助之丞に関わるいろいろな収蔵品を見せていただく。資料も生い立ちも大方そろい何とかなりそう。帰りにbooksなかだで以下を購入。「博物館を考える(水藤真)」「日本の歴史をよみなおす(網野善彦)」「NEW教育とコンピュータ9月号」「教育音楽小学版8月号」。夕食後、「本コロ」を読みふける。ためしにオンライン書店のサイトをいくつか覗いてみるが、関わっている人の本への思い入れを感じるサイトあり。link-DBのデータベース確認。なぜか八千代市の小学校が6校だけ登録されている。選択の基準がよくわからない。

8月16日(金)
起きる時間がどんどん遅くなる。行けないなぁ。ウィンディファンの茜が再び行きたがるので、行くことに。水着を取りに学校によるとコンピュータが納入されていた。31台が収められ、火曜日までにネットワーク作業を行うとのこと。くわしい説明は月曜に受けることに。12:00ウインディ。長居を覚悟したが、2時間ほどで今日は飽きたらしく、帰ることに。帰宅後茜と二人で午睡。直哉と崇生は、プールに行っている間に能登少年自然の家へ出発し、今夜から3人暮らし。夕食後、康子の体の不調を訴える。大丈夫?

8月15日(木)
東京に行っている邦彦が体調不良で入院。父、母と慶子さんとでJALで東京へ。熱さえ下がれば富山に戻ることができるらしい。康子が所用ででたので、午前は茜の相手。午後から買い出しにでて夕刻からバーベキュー。合間をぬってWeb更新。大阪会議とうなぎゼミであった人々をアルバムに掲載。大阪会議のメンバーはすごい。

8月14日(水)
日直。しかし、午前中は職員室の椅子の上で1時間ほど居眠りしてしまった。午後から教頭先生が出勤。坂井さん、教頭先生、笹原と3人だけの静かな1日だった。

8月13日(火)
朝目を覚ますが、朝食も食べず二度寝。11:00起床。昼食を食べると再びうとうとする。疲れていないようでやはりたまっている。午後から萩原の大叔母が来訪。元気な様子だが介護は大変そう。夕方、墓参り。墓の移転を考えているらしい。夕食後、増えた体重を減らすために自転車でロードワークにでるも、雨に降られて20分でリタイヤ。

8月12日(月)
うなぎゼミ最終日。気がついたら5:00。今回は寝てばかり。せめて長岡大会の論文の完成を目指す。6:30頃ほりたん起床。開口一番「あ〜、1週間分寝た」お疲れさまです。論文があらかたできたので、7:00高橋くんも交えて朝食。朝からうまい。先発の高橋くんを見送ってもうひとがんばり。8:30、セッションスタート。今日は部屋に順番に指導を受けに来る。病院で診察を受けてるよう(笑)。長岡論文は大方仕上がる。でも未完の栃木大会の方が分量が多いので、これからが大変。
チェックアウト後、観光して回った後、「キャナリィ・ロウ」で昼食。とっても家庭的なイタリアン。味もボリュームもグッド。ベーコンがおいしい。砂丘を回って浜松へ。16:17発ひかりで京都。サンダーバードに乗り換えて21:00近くに富山着。駅で高橋くんと出くわす。マンションの抽選にはずれたとのこと、残念。久しぶりに自宅。落ち着く。

8月11日(日)
うなぎゼミ3日目。なのに今日は別件で会議。5:30起床、片付けをしてオークラをチェックアウト。6:30浜松発の新幹線で大阪へ。新大阪駅で康之さんと合流。高校球児が宿泊するニューオオサカホテルで、学校向けコンテンツ作成ツール開発事業第1回全体会議。CECが公開しているデジタルコンテンツを教材として活用するためのレシピを作成するのが今回の目的。内田洋行が支援をしている。レシピ化のノウハウは生かせると思うが、仕事の内容に目新しさがないことが気にかかる。学ぶというよりもこれまでの成果を使うという感じになってきている。教科におけるデジタルコンテンツの日常的な活用を考えるのが研究のトレンドになっているというのはよくわかる。永野先生、小田先生より、昨日の教材パッケージ会議の様子を聞き、データの修正点を確認。こういう先生方とダイレクトに仕事をしているという、今の自分の状況は何なのだろう。
13:20頃会議終了。康之さんと別れて、新幹線でとんぼ返り。掛川で下車し、天竜浜名湖鉄道に揺られて遠州森。小川先生に拾ってもらって、ワールドカップ日本チームの合宿地「北の丸」へ。部屋にはいると、エアコンの前でフリーズ。合計7時間の移動時間には参った。19:00懇親会。シャブリとブルゴーニュで会食。良い食材を手をかけ作った料理と良質のワインは最高。ワインリストには、シャトー・マルゴー'64に50万円とあった。レストラン入り口には、マルゴーやラ・トゥールがごろごろ。ボルドーの5つ星がこんなに並んでいるのを初めて見た。お開き後部屋へ。同室の堀田先生は22:00過ぎに沈没。論文作りにかかるが、高橋くんと話したりしているうちに、23:30頃あえなくダウン。

8月10日(土)
うなぎゼミ2日目。5:00起床で論文の構成を文書化。余裕なく朝食を食べそびれる。9:00ロビー集合。堀田研究室へ。ネットワーク設定に戸惑って、スタートは10:00を過ぎる。1人5分で論文の内容を話し、それに対して、堀田先生がするどく問題を指摘し、適切なアドバイスを下していく。緊張感たっぷりの密度の濃い時間であった。近くの鰻屋でうな茶。相変わらずうまい。これが楽しみできているようなものかも。
午後研究室に戻って、論文の修正。渡辺さんのアンケートへの回答。オークラへ戻る正來さんの車に便乗して部屋へ。いつの間にか眠っていた。こっちに来ても寝てばかりで進まず。18:00「玉川」で懇親会。全て食べ尽くし飲み尽くして、24:00オークラへ。これから論文を書き始めるのだから過酷。でも、睡魔に勝てず25:00就寝。

8月9日(金)
うなぎゼミ1日目。高橋くん、渡辺さん、國香さんと7:28発サンダーバード。京都で新幹線に乗り換え浜松へ。ホテルオークラの和食で昼食後、「すぐできる情報教育、少し先の情報教育」セミナー。丹波さん、山脇さんなど、県外人も含めて約60名の参加。毎日更新する学校Webの運営について話す。中條さんからプレゼンがいけてなかったと、高橋くんからは勉強が足りないと指摘。反省。岡田先生@静岡大の情報法に関する講演は興味深かった。並み居る質問に次々答える見識に驚き。3階で懇親会。スズキ教育ソフトの横幕社長が合流。30階で2次会。ほとんど居酒屋状態(いいのか?)で24:00。三太でネギ醤油ラーメン。オークラに戻るとダウン。

8月8日(木)
9:00商船高専島木先生に取材。商船開校時の資料を収集。10:30教師のための科学文化センターツアーに途中から参加。学芸員太田さんの案内で展示を見て回る。普段なら通り過ぎてしまうコーナーも解説が入ると面白さは倍増。それぞれの展示にはそれぞれのエピソードがある。地下と3階の収蔵庫も見学。博物館の価値は、収蔵されている標本にあることがわかる。昆虫標本は富山市内のものであれば大方そろうらしい。世界最大のワラジムシの標本(写真)を発見。
NTTが富山市のサーバ設定のため訪問と聞いていたので、学校へいってみたが、すでに作業を中断していた。次回は盆明けらしい。帰宅してコンピュータに向かう内に居眠り。今宵も十二国記を見てしまった。浜松でのセミナー資料を作成。

8月7日(水)
9:30〜ブラスバンド練習3日目。絡まった糸を紐解くように、音を拾っているがかなり音楽になってきた。これからが楽しみ。10:30〜プール当番。下学年登校日なので入泳者少なし。黒田校長@立山小が来校して、2,3年に歌唱指導。終了後職員室にて師弟の会話(^^;)。すき屋で昼食。午後のプールも入泳者は8人。1学期のコンピュータ活用状況を市教育センターに報告。NHKの動画サーバがうまく動かないため、リコーに連絡をとる。帰宅後、この夏出会った人アルバムの更新。アニメ「十二国記」をBSで再放送。原作にないキャラもあるが、それ以外は忠実でイメージ通り。

8月6日(火)
登校日。プールの後、NHK「川」の再放送を視聴。つるなしいんげんの収穫をして下校。午後から「わたしのとやま」のための取材のため長岡周辺の野菜畑を取材。富山大学へ寄ったら山西先生、黒田先生が居合わせたので、高橋くん、佐藤さんも交えてにわか川会議。全国会議をふまえて、これからの作業を確認。16:00牛ヶ首用水土地改良区にて取材。資料提供を受ける。

8月5日(月)
8:30チェックアウト。スタバで朝食。パシフィコ横浜の教育ソリューションフェア会場へ。エスカレータで遠山大臣とすれ違う。D-proのブースに立ち寄った後、教育改革セミナーに参加。遠山大臣のあいさつ(というかミニ講演)と山極先生の講演。総合と教科のかかわりをふまえ、これからの教育改革の方向性を端的に示す。こういう話は生で聞いておく必要がある。講演後、各ブースを回る。D-proのブースは大にぎわいで周辺が可哀想なくらい。木場弘子キャスターの講演。インターネットのコミュニケーションツールとしての可能性を提唱。保護者の認識がどのくらいかを推し量るのにはいい機会だった。中川先生にあいさつをして会場を後に。横浜駅前○I○I内「壱八家」で横浜ラーメン。YCATから羽田。JAL初体験。ANAより明るい機内。

8月4日(日)
9:50ホテルをチェックアウト。横浜パシフィコへでD-project(デジタル表現研究会)に参加。各プロジェクトの概要発表を聞く。おもしろそうなプロジェクトが目白押し。D-proは今年度限りのプロジェクトということで、これからは普及の段階に入っていくが、単にデジタル表現の可能性を示すだけでなく、子供のどういう力を伸ばすか、そのための教師の支援はどうあるかという具体的な実践の内容を討論しておけば、これから情報教育に取り組もうとする人にも親切だと思う。大場さんと初対面。深井さん、杉本さんと4人でインターコンチネンタル31階でインドネシア料理の昼食。午後から、佐藤講師@大口台小のもと、フォトショップエレメンツを使ってうちわ作りのワークショップ。授業での活用を意識するような展開になっているのがさすが。TV-CMディレクター田村隆匡氏の講演。遊びで作った映像に笑う。一昔前に比べると編集の自由度と手軽さは飛躍的に向上。中華街「三蔵飯店」で懇親会。桜木町ワシントンに戻って2次会。そのまま泊。

8月3日(土)
ゆっくり起きる。今日は30階のレストランで朝食。オムレツを焼いている。チェックアウト後、昨日、入れなかったフジテレビ展望台へ行く家族と別れてNHKへ。渋谷東急プラザ内紀伊國屋で斉藤孝さんの本を購入。ゆっくりしていたが、それでも早くついたので、場所を借りて仕事をする。13:30〜、「川」番組プロジェクト会議。番組、Webに対する意見交換。1学期の実践の様子を報告。その後グループディスカッション。2学期からの取り組み方を検討。寒江は、高知県昭和小、新潟大附属長岡小、金沢市森本小と共に、Web川博物館建設プロジェクトを立ち上げることに。番組活用と平行して別プロジェクトが動く体制に。その過程でプロジェクト校とコラボレートしながら、総合や教科で学習した成果を博物館コンテンツとしてあげていく。富山の川プロジェクトとも重なりができそう。「宇和島」で懇親会。途中から、黒田先生参加。懇親会後、別会場でスタッフミーティング。今日提案があった各プロジェクトの概要を説明し、富山大学の役割をミーティング。終わってみれば24:00。クレストンホテル渋谷泊。

8月2日(金)
30階のレストランが混んでいたので、ロビーラウンジで朝食。10:00にホテルを出てパレットタウンへ。大観覧車に乗る。茜は大喜びで2回転。TOYOTAのショールームがおもしろい。自動運転カーの試乗や設定のシビアなドライビングシミュレーションなど、IT技術を感じさせるアトラクションもたくさんある。この界隈で遊んでいたが、空模様が怪しくなったのでホテルへ。到着後、外は土砂降り。雨が上がったのは夕刻。フジテレビの見学コーナーへよって、中華料理「羅漢果」。

8月1日(木)
2便で羽田。タクシーでお台場へ。ホテルに荷物を預けて、日本未来科学館。とてもハイテクな感じがするが、体験するコーナーが思ったより少なく、内容的にも難しい。ちょっと食い足りないモノが残る。DECKS東京ビーチに移動して、東京ジョイポリス。「siztler」でアメリカンスタイル・ビュッフェの夕食。1年前を思い出す。メリディアン・グランパシフィック東京に泊。大きいがとても落ち着けるホテル。