情報教育紀行2002 7月号

あなたはSasaのホームページの [an error occurred while processing this directive]人目の訪問者です。


7月31日(水)
出勤。9:30〜、昨日と同じプログラムで、情報教育研修。今日の参加は3名。同じように発表会。作ってみると表題の色や大きさを変えるといいとか、写真をここで見せるといいとか、さまざまな願いが出てくるが、複合的な操作が必要になるため、なかなか進まない。大人でさえそうなのだから、これを授業にあてはめると、内容の吟味がないままプレゼンしようとすると、アニメーションの見せ方とかみかけ人ばかり縛られてしまい、肝心の内容がおろそかになるということになる。そのあたりを感じていただけたか?午後、学級事務、学校Webの校長室だよりを更新。帰宅後、NHKに送る資料の作成。しかし、未完。明日からプライベートで旅行なのに・・・。

7月30日(火)
出勤。午後からの研修会に向けて、プレゼンとマニュアル製作。13:30〜、参加自由の情報教育研修。テーマは「プレゼンテーションの授業での活用のすすめ」。呉羽地区に公開の研修会だったが残念ながら出席者はなし。まだ、他校の研修会に気軽に参加できるという心持ちの人は少ないようだし、日程もあわせにくかったのか。研修は、参加者4人。学習でプレゼンすることの目的や実践例を紹介した後、各自1時間程度でプレゼンを制作し、一人3分の持ち時間で発表会を行った。それぞれに個性的で、目的を持ったプレゼンが仕上がっているのに感心。ほぼマンツーマンで充実した研修だった。終了後、学級事務。18:30、吉田T、田尻T、有沢Tと待ち合わせ。独逸屋でレーベンブロイやエビスの生。ブリックで2次会。

7月29日(月)
8:00学校集合でBFCのつどい。6年生5名と参加。富山空港横の防災ヘリや、富山市消防本部、国土建設省の防災センターを見学。防災対策にかなり巨額が投資されている。学校到着14:30。学校Web制作。夏休みの寒江小公開

7月28日(日)
午前、今日もゆっくり起きる。康子、茜とソフトクリームの調べ学習で平堅屋へ。お休みだったので、並びの赤田屋へ。午後は午睡。九頭竜で夕食。読書は進まず。寒江小Webの夏休みのコーナー制作に入る。携帯、ノートPC、デジカメといろいろなモノのバッテリーに寿命が来ている。

7月27日(土)
午前、ゆっくり起きる。崇生、康子が夏休みの研究材料を買いに行っている間、茜をビニールプールに。午後、NECからコンテストの商品として送られてきていたマシンを設定。インターネット接続とword、一太郎などを使えるようにする。XPはインターフェイスに慣れなくて、どこから入って良いかがなかなかつかめなかったが、わかってしまうとADSLの設定が簡単にできる。夜、町内のバーベキュー大会。

7月26日(金)
日直。視聴覚室ではワトソンさんとサマースクール英語活動。半分以上の子供が参加していた。校内巡視後、ブラスバンド練習。そうこうしているうちに午前は終わる。午後、英語活動研修会。ワトソンさんが持参した、英語のエデュティメントソフトを見合う。各マシンに1種類ずつインストールして見て回るスタイル。対象年齢に合わせて内容・意図が明確に伝わる作りになっており、こういう分野ではずっと先を行っている感じがする。アメリカ。カナダのこういうソフトをまとめてみることはなかなかないだけに、とても充実した研修だった。花壇にたっぷり30分ほど水をまいて、一日の仕事は終了。Webのアクセスが48000を超えた。

7月25日(木)
職員作業日。3グループに分かれて、学期中にはできないような作業を実施。過去の文書整理、理科室備品の整理、児童玄関のペンキ塗り替えを行った。自分はペンキ組へ。汗でTシャツは絞れるほどに。半日で玄関は生まれかわった。午後、地域理解研修会。二上神社、観葉植物の肥料を作る工場・松田、宝蔵寺を見学し、地域の特徴を体験を通して学ぶ。校区には寺が10以上あり、世帯数に比してその数は多い。歴史的経緯がありそう。

7月24日(水)
9:00〜蜷川小学校の校内研に講師として参加(お恥ずかしい)。今回のテーマはリンク集を作る。リンク集を作るとどんないいことがあるかについて15分ほどプレゼンをした後に実技研修。授業での活用を想定した研修になったと思う。日頃、子供に自由に検索させてもなかなかデータが見つからないことを、体験を通して理解して頂けたようだ。お昼もごちそうになる。午後、砺波郷土博物館で館内の写真。学芸員の方は不在で、お話は聞けず。旧東般若小学校を訪ねて写真撮影。設計者藤井助之丞の生家を訪ねるが留守。住んでいる気配もあまりない。隣家も留守で、状況を聞くことはできず。もう1回行かなきゃ。夜、Web更新。「お話100人できるかな」を公開。評判が良くてうれしい。

7月23日(火)
午前中出勤。サマースクール学習会。6年生4名。5年生13名の参加。人数が少ないので冷房の効いた体育館のミーティングルームへ。和気あいあいとそれぞれの課題に取り組んでいた。Webが未完だった子は暑いコンピュータ室で制作。午後、県立図書館であった学校図書館を考える会へ中條さんの講演を聞きにいく。学校司書40名を初め、公共図書館司書と教員が20人ずつが参加。予想以上の人数だったようで、資料が足りなくなっていた。講演では、子供の調べる力を高めるための教師と学校司書の協働の仕方を、具体的な事例を基に発表。図書館での調べ学習は、単に方法を指導するのではなく、国語や総合で、あるテーマで学習に取り組むうちに身につけざるを得ない展開を創造している点が巧みである。学校司書・司書教諭と担任教諭との役割の違いも明確(司書教諭はカリキュラムを考え、学校司書はそのカリキュラムにあわせて個々の子供を支援する)で大変勉強になるひとときだった。せっかくの機会なのに参加者が静かだったのが残念だった。そのまま学校図書館を考える会に入会することになり、関係者と話し込む。18:00〜、しゅん屋で中條さんを囲む会。荒木さん、石橋さん、神田さん、石黒さん、渡辺さん、池田さん、深井さんが参加。終わりごろ高橋くん登場。4人でジェリコ。

7月22日(月)
7:00直哉とその友達を送って魚津市総合体育館。一旦自宅へ帰ってメールチェック。銀行で記帳。クリーニング。
10:30教育記念館経由で、福野へ。富山県の教育を築いた人々パネル展(長いので先駆者パネル展と略す)の取材。町内を回った後、13:00福野高校へ。奥村副校長先生らにお話を伺い、国重要文化財・巌浄閣(旧福野高校校舎)の設計者である宮大工・藤井助之丞に関する資料を収集。文献を3冊いただく。建物の写真を撮影。中にも入れてもらう。現在は3年計画で修復工事中とのこと。実物資料は生家にあるとのことで、住所を教えて頂く。手がかりのたくさん得られた学校訪問だった。帰りに藤井建立の高参寺を訪問し本堂の内外を撮影。力強い建物であった。ご住職にアイスココアをごちそうになる。戸出で旭屋のラーメン。砺波郷土資料館と藤井氏の生家を確認して帰宅。次回は訪問することに。

7月21日(日)
2005年の教室を考える会2日目。中條さん、白江さん、前田さんの実践発表。アートをやる人の実践は美しい。グラスに水とビー玉を入れて撮影加工する実践はやってみたいなと思った。その後、ワークショップ。2005年の教室にどんなモノが入ってそれで授業はどうなるかを、たった30分でセッション。にもかかわらず、どのグループもたくさんの議論が起こったことがわかる発表で、参加者のクオリティの高さがわかる。2分程度の発表でポイントが伝わっていくのもすごいと思った。最後に、ほりたんと中川先生のまとめ。今回の会も大盛況だった。
午後、文部科学省主催のまなびピア2002についての非公式会議。10月10日に2005年のデジタル授業を想定した実践を公開する授業者と内容を検討。高木さん、石黒さん、康之さんが公開することに、授業巧者の人選だ。一人は宮崎をつないでテレビ会議で交流する授業を展開。パネル展示もあり、夏休み中に目途を立てる必要がある。
早く終わったので、新横浜ラーメン博物館へ。昭和30年代風の作りはリアリティがあった。あの建物でも、冷房さえあれば暮らすのに不都合はないことの証明。横浜・六角屋のラーメンをいただく。おいしかった。リムジンで羽田へ。満席の最終便で富山。

7月20日(土)
2:00起床。教材パッケージの未完だったワークシートと、教師用ガイドを完成させて、堀田先生へ送付。前回送付分も少し手直しした。慣れないwordを使ったので戸惑いながらの制作だった。表の角はどうやって丸くするのだろう。終了後、まなびピア会議の資料作成・印刷。早めにできたので、今回はフルカラーだ。名刺を大量に印刷。30分ほど仮眠。7:00町内のクリーン作戦で公園の草むしり。
9:10発のANAで東京へ。リムジンでたまプラーザ。調べ学習の後、東急に乗り継いで、すずかけ台セミナーハウスに到着。第2回2005年の教室を考える会合宿研究会。今回は150人の参加と前回よりはるかに多い。堀田&中川先生の放談の後、田中さん、渡辺さん、山下さんの実践報告。最初の二人の発表の中に寒江小が登場して驚く。渡辺さんの発表は、時間内に収まりながら、言いたいことがはっきりしていてよいと思った。夜は大懇親会。そのまま別室で夜の情報教育へ。三宅さん、徳島の中川さんらが主催する評価を考えるMLが動くことに。濃いなぁ。

7月19日(金)
終業式。川のまとめが未完成な子供は、夏休みに学校へ来ることに。午後から学級事務処理。24日の蜷川小校内研について電話で打ち合わせ。学習に役立つリンク集の活用と制作について研修の予定。今学期最後の学校Web更新。休み中にはどこまでできることか・・・。教室においていたF660を持って帰宅。今朝が早かったので21:00頃寝る。

7月18日(木)
7:50〜、熊野小と接続テスト。接続してから画面が見えるまでに時間がかかる。かけてもらってもなかなかつながらないので、こちらからかけることに。9:00〜、テレビ会議。昨日の反省をふまえて、ゲームは普通にジャンケン選手権になった。また、ビデオでの紹介はやめて静止画だけにし、エコーキャンセラーにできるだけ近づいて話すことにした。会議は、昨日と同じプログラムだが、寒江の児童が司会をして進行。話すメンバーは昨日とちがうため、多少緊張気味だったが、熊野小の子供の反応がよく、つぶやきは相変わらず少ないながらもだんだんほぐれていった。熊野小は学校紹介が8グループあり、たくさん子供が登場することに驚いていた。接続がうまくいかないと子供のストレスがたまる。接続のスキルは経験で補われる。もう少し経験を重ねるとよい。
午後、学級事務。社会科部会MLの登録申請は、今のところ、数通。夜、職場の学期末懇親会で高志会館のフレンチ。ブッカーズ・カフェで2次会。雨模様になったので帰宅(自転車だった)。

7月17日(水)
8:15〜、長岡小との接続テスト。今度はうまくいく。1限、長岡小とのテレビ会議。本番になるとなぜか若干調子が悪くなるが、なんとか進行できた。寒江の学校紹介、長岡の学校紹介と続き、遅出しジャンケン大会というプログラム。初めてということで笹原が司会をして進めることにした。長岡小の紹介は一部がマイクに声が届いておらず残念。こちらの声は全部聞こえたのだろうか?子供たちはダンスを見せたいとビデオを撮っていたが、接続の不備で音声が流れず。また、映像がコマ送りになって動きがうまく伝わらないため、いまいちおもしろさが伝わらないという意見が会議終了後あった。また、遅出しジャンケンも、映像が遅れるので出すタイミングがわからないという長岡からの指摘があり、ゲームとしてはふさわしくないことを感じた様子。電話がつながっている間は、あまり反応せず、聞かれたことにしか応えない(これは長岡も同じだったが)ので、つまんなかったのかと思ったら、終わった途端に「あー面白かった」の声。発表会での話し方は大変よく考える子供たちであるが、原稿に頼らない自由度の高い表現力も、もう少し身に付いていくとよいと感じた。
3,4限「川プロジェクトの1学期のまとめのWeb作り。蜷川で3,4年生と2年かけてやったことを技術、内容とも、1学期でやったような気がする。給食終了日だった。夜、Web更新。「最近の調べ学習」のコーナーを作ってしまう(^^;)。プリンタF850の紙送りにヘッドホンコードが絡まったため、修理に出す。

7月16日(火)
1,2限今学期のまとめのためのWeb制作。どこまで仕上がるか?3限、長岡小とのテレビ会議を試みるが、音声の接続がうまくいかず断念。接続実験からすぐにやればよかったと申し訳ない気持ちでいっぱい。明日、リベンジを試みる。今度はうまく行くといい。子供たちも楽しみにしている。この時期に来て、コンピュータの機械が2台故障。一台はディスプレイが全くつかなくなり、もう1台は縦縞が入ったままになる。教育総務課からIUKに連絡がいき、引き取りに来る。帰ってくるのはいつだろう。昼休みに渡辺さんからTEL。熊野とは明後日テレビ会議をすることに。もう、どたばたである(笑)。放課後は図工作品に取り組む子供たち。今日も一日フル回転お疲れさん。本日アダプタを自宅に忘れたため、バッテリ切れで学校Webの更新ができず。口惜しい。バッテリの使用時間がまたしても短くなりつつある。

7月15日(月)
ジャストシステムより、「ジャストスマイル」のパッケージが届く。この秋に入るマシンには、一太郎スマイルがインストールされているので、一足先に研修に活用したい。

7月14日(日)
ゆっくり寝過ぎてしまった。昼食後、職場へ。バケツ稲に水をやって帰宅。2005年の教室を考える会用の自己紹介や、川MLへのメールなど出しそびれていたものをいろいろ片付ける。

7月13日(土)
10:00〜、富山の教育を築いた人々パネル展実行委員会。進捗状況と今後の予定の確認。取材には結構手間と時間がかかりそう。夏休みの取材活動が出張扱いになることに。午後はoff。夕食後、直哉、崇生と「スター・ウォーズ・エピソード2」を見に行く。特撮は一段と進歩。自分的には、ヨーダのライトセーバーさばきに脱帽。これまでのシリーズの輪がだんだん閉じられてきて、舞台はフィナーレへ。早く続きが見たいものだ。エピソード3で完結するとしたら、輪廻するあたりは「猿の惑星」に匹敵。

7月12日(金)
2限、カメリハをしてみた。初めてということもあって、子供たちはとまどってばかり。本番はどうなるのでしょう?(^^;)これからどのように変わっていくかが楽しみだ。コンピュータ室の機械が職員室機とつながらない。トップページを参照できないので、夏休みの研究ページにもとべず大変不便。NHKの動画サーバもうまくつながっておらず、機能的には四面楚歌である。夏休みのコンピュータ研修を他校にも公開することに。研修を交流しあうのは意識も開かれていくので望ましいことだと思う。

7月11日(木)
5,6限、テレビ会議の内容検討と打ち合わせ。19名が一人一役を持ち、必ず何かを話すことを条件とする。原稿を書いてさっそく練習を始めていた。明日はカメラリハーサル。

7月10日(水)
14:00、ジャストシステムの西尾さん来校。ビデオ編集ソフトと教科教材CDの評価を依頼される。2学期から寒江小の全マシンでジャストスマイルが使えることになった。感謝。5,6限子供たちはミシン教室。ジャノメミシンより講師の方に来ていただく。

7月9日(火)
18:00〜高志会館にて、まなびピア堀田班会議。堀田先生、潟辺さん、中村先生と富山班メンバーで、秋に金沢であるまなびピアのデジタル授業のイメージについてディスカッション。この時期なのに、みんな授業プランを2本ずつもって集まっているのがすごい。これからさらに切れのある授業プランづくりを目指す。だれが本番で授業をするかについては、すでにほりたんに腹づもりがあるような・・・。山西先生、杉浦さん、富山大内留組の池田さん、中田さんも参加。中條さん、正來さん、澤橋さんと寺家小研究主任の水橋さんも加わり、そのまま懇親会。清水先生が急に欠席になったのが残念。ジェリコで2次会。中村先生は深夜の夜行で三重にとんぼ返り。お疲れさまです。

7月8日(月)
教室はテスト週間と化している。寒江小Webの更新が続いている。アクセスも1000を超え、固定客もできてきた感じ。もっとも、その分、こちらを更新するのがつらいのだが・・・(^^;)。

7月7日(日)
七夕。午後、呉羽地区相撲大会。応援に行く。寒江小の他は昨日に引き続きの大会。さすがに駆け引きが上手。清水先生が火曜日の会を欠席されることに。

7月6日(土)
崇生が富山市民体育大会に参加。護国神社。

7月5日(金)
5限の学習参観は英語活動。今回のテーマは「Days & Time」。ワトソンさんと楽しみながら活動する姿を保護者のみなさんにご覧いただいた。家庭教育学級ののちに学級懇談会。新しい教育課程での評価についてお話しするも、参加者は4名。ちょっとさみしい。

7月4日(木)
寒江小学校Webに夏休み特集を掲載。昨年度蜷川小で紹介していたものを基にリニューアル。自由研究の参考ページを充実させたつもり。

7月3日(水)
放課後、熊野小との接続実験。

7月2日(火)
社会と国語でプロジェクターを使用。メディアの活用は日常化している。長岡小とのテレビ会議を投げかけたがかなり乗り気。15:00リコーさんが動画サーバの再設定、今夜の更新を待って作業完了を確認。17:00〜熊野小との接続実験。

7月1日(月)
今日から2002年も後半。長岡小石黒学級とテレビ会議をすることになり、放課後接続実験をかねて内容打ち合わせ。無事設定完了。こちらは少人数なので、エコーキャンセラーのみで会議をすることに。今月から最新情報は、