情報教育紀行2002 6月号

あなたはSasaのホームページの [an error occurred while processing this directive]人目の訪問者です。


6月1日(土)
富山市小学校リレー大会。渡辺さん、國香さんは引率。石黒先生は応援に。

6月2日(日)
川のテキスト用原稿を送付。

6月3日(月)
1日学習参観。3,4限は桐朋アカデミー金管アンサンブルの演奏会。バロック中心のプログラムで耳に新しい曲ばかりだったが、豊かな響きの演奏で子供たちは大変感銘を受けていた。

6月4日(火)
1日学習参観の2日目。むし歯予防集会。

6月5日(水)
WEB学級日誌の宝箱の説明をしていたら、メッセージを出せることがわかって、 その場で出してみることになる。まず子供たちが選んだのは長岡小@富山。以前に音楽会で訪れていたので、親近感があったらしい。「富山は他にもあるか?」というので、ノリノリくまのっ子(熊野小@富山)へ。遠くにも出そうというので都田探検隊(@都田小@浜松)へも、交流したいなというメッセージを送ることになった。交流によって子供の力が高まるといいと思う。

6月6日(木)
ゴーヤの苗がかなり育ってきたので、畑に移植。子どもたちはWEB学級日誌のメッセージにノリノリ。コインがもらえることを知りさらに燃える。

6月7日(金)
1〜3限は3回目の川探検。今回はどんなことを知りたいか、それぞれが目的を持って探検に出かけた。行くたびにやりたいことが明確化していくが、(魚を捕まえるなど)実現不可能なことも明らかになってくる。いったん調べに入って、再び川に出かけるというのを繰り返すような展開を期待したいのだが・・・。WEB学級日誌はコインの数がついに2位になる。13:00リコーさんが動画サーバの設置作業に来校。18:30頃までかかる。コンピュータ室では、ストレスなく川のWEBを見ることができるようになった。19:00荒木先生、石橋先生、高橋君とにわか内留ゼミ。研究の方向性について確認。来週のCETT前日にプレゼン検討会を実施することに。

6月8日(土)
今朝、メールを開くと、パッケージに関して今夜24時と明日24時締め切りの宿題が出ていてびっくり。10:00〜教育記念館特別展実行委員会。富山県の教育を築いた人々のパネル展を実施するためのミーティング。商船教育の先達と富山の学校建設した設計者の調査を担当することに。午後、寒江小まで自転車で行ってみる。往復20kmは通勤と言うよりスポーツ。ママチャリで(^^;)行ける距離ではない。途中で休憩のため大学に寄ってみると中田先生がプレゼンの準備をしていらした。大島小の教科と総合でつけたい力を図にモデル化したモノが優れものだと思った。宿題の集まりはなかなかよさそう。

6月9日(日)
パッケージの仕事をしなくちゃいけないのはわかっていたが、思い立ったら止まらない。高橋サイクルにて自転車購入。SPCIALIZEDのロードバイクは軽量で乗り心地も満点。これなら、寒江までの丘陵地帯もOK。午後からパッケージをはじめるが夜には仕上がらず。

6月10日(月)
5:00に起きてパッケージの続き。一応形になったのが、7:30近く。あわてて送信したら、すでにほりたんはモバイルの人になっていたらしく、すっかり迷惑をかけてしまう。すみません。午後、小教研で北日本放送の見学。朝からだるかったが、夜には発熱。38度を超えたので富山大での宇治橋さん@NHKとのミーティングをパスして、早めに就寝。自転車を買って浮かれすぎか。

6月11日(火)
今日から、自転車通勤。片道10kmはハードだが、かなり絞れる。帰りは大学に寄り道。教室のマシンを再セットアップ。以前ほど不安定ではなくなったが今でもときどき固まるのは、ハードディスクの障害か。

6月12日(水)
自転車通勤2日目。3,4限総合。これまで集めてきた資料を基に調べ学習を行う。水のよごれを調べている子どもたちは、どうやってそれを明らかにしたらいいのかについて、具体的な方法を模索中。新鍛冶川はどこからくるのか、源流をたどろうとしている子供が1名存在する。うまく2学期の実践にもつながりそう。3限は、今年度の寒江小校内研の皮切り、北川Tの算数の授業だった。現在の学習指導要領では、教科は時数も少なくなったので、ねらいにシャープに迫る展開を構想していくとよいように思った。

6月13日(木)
県総合教育センターのサイエンスカーが来校。5年生は草木染めに挑戦。染料となる草木に、新鍛冶川からとってきた葛のツルもあった。酢酸銅につけると淡い黄緑色に染まってなかなか素敵だ。放課後は教師向けの研修。プールでの水生生物の観察、近所の空き地での植物観察、そして新鍛冶川でプランクトンネットを使っての水生生物の採集や、植物・昆虫採集の方法など、楽しく体験的かつ実践的な研修会だった。特に、新鍛冶川ネタは総合でそのまま活用できそう。18:00大学へ。内留報告会事前検討会に合流。最初は内留生同士の自主研の予定だったが、高橋君の話を聞かれた山西先生も合流して17:00からスタートしていた。中田さんはほぼ完成。情報の基本のスキルを操作技術と位置づけているのが唯一気になる。荒木さん、石橋さんは図書館教育を実践的に考えているが、焦点が絞り切れていない。でも、ストライクゾーンには入ってきていると思った。

6月14日(金)
ワールドカップ日本−チュニジア戦が15:30からあるためか、子どもたちはいつになくすばやく下校。祝日本勝利。18:00〜、内留中間報告会。中田先生は学校カリキュラムと情報教育のねらいを図式化して提示。すでに3か月の内容を終了している。池田先生も、どう実践していくかという視点で、昨日よりバージョンアップ。荒木先生、石橋先生の1か月組も、視点がしっかり定まりわかりやすい発表だった。今回の報告会は質が高かった。いろいろ動き回った甲斐があったというモノだ。しかし、もったいないことに参加者が少ない。CETTと一緒にというのは、どちらにとってもマイナスだと思う。高志会館ビアガーデンで懇親会(古木教頭、蜷川組と出会う)。その後、澤橋さん、杉浦さんと寿司晴、高橋君が合流してル・コント、小馬。26:00帰宅。

6月15日(土)
朝からほとんど眠っていた。頭も痛い。二日酔いとはちがった痛みなので、しっかり休むことにする。

6月16日(日)
今日もほぼ一日ぼーっとしていた。休みすぎるのもいけないと思う。学校WEBを更新(運動会と校長室だより)。夕方自転車でユニクロ。山室まで行っても全く疲れない。

6月17日(月)
宮尾さん@Instepが富山へ。明日、寒江を訪問することになった。寒江小WEB、久々の更新。大学によって、明後日に浜松を訪れる荒木さん、石橋さんと、心構えについて話し合う。たくさん勉強されるとよい。宮尾さんとも会う。相変わらず魅力的な女性です。黒田先生と明日の日程を打ち合わせ。自分のWEBもここ半月の日記を載せる。さすがに月初めのことは忘れてしまっている。WEB学級日誌などでわかったら書き足すことに。WEBの訪問者が44,444人を超えた。

6月18日(火)
2限、プロジェクターで社会科資料を提示しながら、話し合い。宮尾さんが来校して3限を参観。あえてIT機器を使わず国語の授業(促音の表記について)。子どもたちにとって見ず知らずの人がいる機会に、物怖じせず自分の考えを述べたり、的確に説明したりする力を鍛えるとよいと思った。

6月19日(水)
放課後、コンピュータ室のイントラバケッツをUにバージョンアップ。4,6年の宿泊学習に差し入れを持って、国立立山少年自然の家へ。水橋中部小も同じ日程で、深井さんの姿を遠くに眺める。キャンプファイヤーに参加したあと、先生方と歓談して下山。そのまま、「彩」にいた木原先生、黒田先生、高橋君、宮尾さんらと合流。そのまま24:00まで話し込む。

6月20日(木)
川探検の4回目。今回は全員参加ではなく、目的のある参加だけが。CODの測定、植物・昆虫採集などだんだんやることが本格化してきた。もともと調べることが楽しい子どもたちだが、自分の課題に照らしてそこから何を考えるのか見直す機会が必要。昼休みから5限にかけて、3年と共にプールサイドの清掃。人数が少なくて大変。放課後、NHK市川さんに連絡をとり、動画の再生ができないことを相談。設定が不完全だったマシンがあるようで、アドバイスを受けて直すと、全マシンが番組を見ることができた。しかし、掲示板への接続には時間がかかり、ちょっと大変かも。昨日から浜松へ行っている、荒木T&石橋Tはかなりのカルチャーショックを受けた模様。セッティングした甲斐があったというモノだ。Instepのみんなで宮尾さんを囲む会、黒田先生、岡本さん、澤橋さん、康之さんと5人で「とり鉄」。康之さんは通風で不調、澤橋さんがその分はじけていた。岡本さんに偉そうなことを言ってしまって反省。「ロッジ」「ル・コント」と回って24:00、黒田先生に送っていただいて帰宅。ありがとうございました。

6月21日(金)
1,2限昨日のまとめの総合。昨日捕まえてきた水生昆虫がすでに見えず、採集に出かける。だんだんくわしくなってくるとそれに見合った資料が不足してきた。対策が必要。授業中にサーバが落ちる。画面が真っ青になって再起動もせず。市川さんに連絡をとるが、お休み。対応は月曜以降か。放課後高橋くんから電話が入り、大学へ。ちょっと耳の痛い話がいろいろ入ってきた。時代の転換期には揺り戻しもいろいろあるようだ。

6月22日(土)
心を入れ替えて締め切り前に仕上げるべく、LINK-DB更新データの確認。25サイトの確認だが、1から入力する項目もあり結構大変。単級プロジェクトのML運用開始。アンケートの項目を考えなきゃ。TOPページの整理、研究履歴の修正。WEB訪問者が45,000人を超えた。日記も最近の更新の後100人ぐらいが見に来ている模様。ご愛顧いただきありがとうございます。

6月23日(日)
ダイソーで買い物。BEEで散髪。あとはのんびり子供たちをからかって過ごす。

6月24日(月)
校内LANの工事がスタート。本格的に配線するようで、今週いっぱいかかる予定。5限の後半からプール清掃。寒江の子供たちはよく働く。NHK市川さんに連絡がつく。動画サーバは別の機械が再送されることに。18:00から自主内留ゼミ。荒木Tと石橋Tの堀田研ゼミ参加報告会であった(^^;)。堀田先生や、堀研学生、浜松の先生方とさんざんにセッションした結果は相当なモノで、CETTの際に比べると内容も方法もかなりすっきりしている。浜松まで行った甲斐があったと思う。何よりも、日程を変更して、堀田先生の講義を最後まで聴き、その後のNHKの収録まで見学したというからすごい。学ぶことと学ぶ機会を逃さないことの大切さを感じてもらえたようで、お膳立てした甲斐もあったと思う。

6月25日(火)
WEB学級日誌のコインレースで1位を走っていたWebちゃん=事務局チームが抜けたため、寒江っ子プロジェクトが繰り上がりで1位になる。2限2年生活科の研究授業。「わくわくいきものランド」がテーマ。「いきものを捕まえるときは楽しいが、それを飼育して生きながらえさせようという気持ちに高めるにはどうしたらよいか」というのが、大きな命題だと思う。

6月26日(水)
3,4限総合は中間報告会に向けて、まとめの時間。そろそろ、取り組みの深さに個人差が生まれてきている。意欲的な子供はどんどん追究しているし、自分の考えを見つける学習経験が少ないままきた子供は、せっかく見つけた事実から何を読みとりそれをどう解釈するかに戸惑っている。中学年段階でそういう考え方の基礎を養っておくのは大切だと思う。やはり初期指導は、ちゃんとした意図をもって進めていくべきである。14:00〜富山県NIE推進委員会。しかし内容は事務連絡に終始し、しかも所要時間1時間あまり。それならもう少し遅い時間に集めてほしい。職場に戻って昨日の授業についての研修会に参加。

6月27日(木)
防災新聞、防火ポスターの制作に入る。これはいったい何の時間に位置付くのだろう。5、6限総合。中間報告会ということで、これまで川について調べてきたことを基に抱いた気持ちを共有しあう。初めは見た目はすごくよごれた川だと思っていたのに、生き物がたくさん住んでいたり、水自体にはにごりがほとんどなかったりして、思ったよりもずっとよいところがたくさんある川だということに大変驚いていた。話し合いを通して、楽しさや不思議さなどたくさん見つけることができ、これからさらに調べてまとめていく意欲付けになったと思う。放課後職員会。今年度の評価について検討。一覧表やあゆみの表記の仕方や評価項目の見方考え方など、多岐に渡る内容の研修であった。終了は遅かったが実りは大きかったと思う。23:00教育フォーカス。テーマは「どう生かす学校のコンピュータ」。ほりたんと並ぶとマルシアのサイズがよくわかる(^^;)。「(コンピュータ化をめぐる)世の中の動きは一人の人間には止められないから、先生たちにがんばってほしい」というマルシアの言葉が印象的だった。

6月28日(金)
2限英語活動。今日のテーマは「body」。体の部位をゲームを通して学んだ。ブラスの秋の発表曲を選曲。「君の瞳に恋してる」。放課後、学校WEBの更新。これで今週は毎日更新した。その後、曽我さんの授業の検討。帰りに大学に寄るが高橋くんは健康パークへいっていて不在。しかし、保健関係の救急打ち合わせに訪れていた宮田先生とでくわし、子供向けワープロソフトについて打ち合わせができた。

6月29日(土)
ゆっくり起きる。西武の無印で買い物。西町界隈には意外と駐輪のスペースが少ない。洗濯スペースの雨漏りの修繕。午睡。19:30〜ビーチボール大会の練習。体はがたがた(笑)。生ビールが飲みたくてブリックへ。ライブを聴いて帰る。今のボーカルの女の子は歌の雰囲気はいいがもう少しお話ができるようになってほしい。

6月30日(日)
8:30〜堀川校区ビーチボール大会。体はますますがたがた。12:30〜公民館で反省会。町内には自営の方が多いが建築を巡る話は興味深い。午睡。目覚めると夕方。ワールドカップ決勝はブラジルの優勝で幕。6月の紀行を更新。