情報教育紀行2002 3月号


3月1日(金)
5:30に起きて「パソコン名人」メールの作例を送付。子供たちは手紙慣れしていないことが判明。2限漢字大会。子供たちはよく努力した。放課後,来年度の4年社会科年間計画を立案。教科と総合の関係についても,また,取り組みへの考え方についても何の共通理解もないまま,とりあえず作成。そんな状況なので,内容はきわめて形式的になる。これでいいのか?帰宅後ようやくLINKDBに。音楽を終えて25:00頃送信。

3月2日(土)
卒業を祝う会。学級ごとに6年生をお迎えして集会を行い,その後全校が体育館に集って,児童会引継式。3年生以下の子供にとっては,卒業式に代わるものになる。企画そのものを児童の手で進められるようになれば,総合としての位置づけも可能だと思う。午後,茜と遊ぶ。お昼寝タイムには,崇生も入れて一緒に午睡してしまった。18:30佐藤くんの送別会。松やCIC店。ジェリコの戦い,小馬と回って帰宅。

3月3日(日)
午前中,吉田先生の家でWebを公開する手伝い。4月から取り組まれるボランティア活動のためのWebだが,なかなかかわいい仕上がりになっている。午後からF1開幕。オーストラリアグランプリは完走8台の波乱の幕開け。

3月4日(月)
朝から「わたしのとやま」に載せる資料のために北陸農政局富山統計情報事務所に問い合わせ。とても親切に対応していただける。農林水産省に教育に参画するプロジェクトが動いているらしく,副読本について根ほり葉ほり聞かれ,「協力は得られるものか?」と質問を受ける。学校あてに琵琶湖博物館,四国ラインズよりメール。前者は,「博物館への質問は内容をよく吟味してほしい」との趣旨。行き違いがあるようなので,今の総合のねらいと依頼の趣旨について長いメールで説明の返信。後者は,新しいソフトウエア「グループバケッツ」について時間を設定して説明したいとのことだった。

3月5日(火)
琵琶湖博物館の森田さんには理解していただけたようだ。博物館と学校の連携についてはこれからもさまざまな問題が出てくると思うが,実践を通してうまく解決していけるとよい。3,4限総合,ポスターつくりと発表原稿を作り終えたところから,練習に入っている。明日の1時間で完成に。放課後,「わたしのとやま」の校正完了。北陸農政局の石川さんからデータも届いたが,青青編集に送ったFAXがエラーになるため,仕方なく,編集社まで届けに行った。

3月6日(水)
5限総合。ポスター製作と練習の最終日。明日はポスターセッション本番。放課後は丸付け三昧。

3月7日(木)
3限総合,ポスターセッション1回目。保護者も10名ほど参加。発表の子供たちは始め緊張気味だったが,次第にリラックスして,発表の声も堂々としてくる。理科室やコンピュータ室も使い広々とした中での発表だったので,声がぶつかり合うこともなく,しっかりと発表を聞き合うことができた。1/3が発表,2/3が聞き手というのは,人数も適正でよかった。ギャラリーがかなりいるので話がいもある。こういうところは大規模校のよさ。発表の場づくり(机をよけイスなどを配置して,ポスターを見やすくする。2発表がある部屋での発表者の位置など)や,ひとことカードの扱いなど,多少反省すべき点もあったが,子供たちは目的意識を明確にし,意欲的に取り組んだのがとてもよかった。初めてにしては大成功だと思う。子供も楽しみ,指導した先生方も楽しんでいらしたのが印象的だった。大野教務,塚田教務の評判も上々。保護者の方の意見も聞きたいものだ。この単元のパッケージにはある程度のニーズはあるだろう。パッケージにはポスターセッションのhow toも入れておくとよいと思った。

3月8日(金)
今日から卒業式の全体練習。4年生はかなり真剣に参加。入退場の音楽は緊張のためかかなりのアップテンポ。でも,威風堂々を2拍子で振ってはいけません(^^;)。3限,光陽小へ行く児童との学年お別れ集会。放課後ワックスがけ。文集も大体仕上がり。平福小の参観記録公開。

3月9日(土)
マイタウンマップコンクールの授賞式に参加のため2便で東京。新橋からゆりかもめで日本科学未来館へ。(東京は移動に時間がかかって大変)FATHeRSの「あつまれ探検隊」コンテストが,企画・作品とセットで奨励賞を受賞。最初にステージに上がり,中條さんが賞状を受けた後,副賞を一つ一つ紹介されながら受け取る。あまりにたくさんあるので,次第に会場から笑いが。森部さん,福田さん,加藤さんと楽しみながら賞を受けた。815点の応募があり作品のレベルも高い中,賞を受けることができたのは喜ばしいことだ。益永先生の古仁屋小が文部科学大臣賞を,山脇弟さんの浜村小がアラブ首長国連邦賞を受賞。シリウスの村井先生に会う。懇親会の後,ニューオータニイン東京にチェックイン。新橋に戻ってFATHeRSオフ会。途中から,内山先生,仲村先生ら浜松組が合流。11:00まで2次会の会場で盛り上がる(^^;)。和民で2次会。26:00,堀田先生とタクシーでホテルへ戻る。

3月10日(日)
2便で富山へ帰る。午後,学校へ行って成績を出す。もうへろへろ。18:00に帰宅後,成績一覧表にかかるも,夜はあえなくダウン。

3月11日(月)
文集原稿完成。午後,2回目のポスターセッション。日頃,なかなか発言できない子供が一生懸命語ろうとするする姿が印象的だった。振り返りのワークシートを記入し,礼状を書いたら学習は終わり。一覧表は明日に持ち越し。

3月14日(水)
キッズメディア2001MLに参加。知り合いも多数参加しているが、これまでとは毛色の違った濃さのあるML。

3月16日(木)
2限、総合のまとめとして、パンフレットを送っていただいた各県庁や博物館、企業の担当の方にお礼状を送ることになり、グループでまとまって手紙を書いた。3,4限卒業式予行。

3月17日(金)
卒業式に向けて校内環境整備。大掃除をしたり、壁面掲示を作ったりと次第に準備は整う。天岡さんがけが。日赤に見舞い。

3月16日(土)
来年度からは週5日制なので最後の土曜出勤となる。教育改革元年、改革は本格化するのだろうか。午後からは、学級編成を行う。かなり迷う。帰宅後、直哉をBEEへ。しかし込んでいて終わってみれば20:30。booksなかだで、久々に本を買い込む。

3月17日(日)
学習情報研究原稿依頼。日赤に天岡さんを見舞う。年度内は登校できないとのこと。残念だが、しっかり治すことはもっと大事。書棚のページを暫定オープン。geoに置くことにした。見て歩きも更新。他にやることはたくさんあるのに逃避モード(^^;)。

3月18日(月)
校務処理デイ。

3月19日(火)
直哉の卒業式。2時間の長い授与式であったが、大変なごやかで心のこもったよい式だった。生まれたのがほんのちょっと前のような気がするのに、こんな日を迎えるというのはなんだか不思議と複雑な心境。巣立ちの歌を一生懸命に歌う姿に感動。直哉、卒業おめでとう。全体に大変すばらしい歌声で驚いた。式辞と祝辞が長すぎ。午後は、名鉄ホテルで、祝賀パーティ。お世話していただいた役員のみなさん、お疲れさまでした。うまくいってよかった。夜は、職場の懇親会を休んで、家族で過ごす。

3月20日(水)
校務処理デイ。

3月21日(木)
出勤してあゆみを書く・・・つもりが、午前中は大野先生といろいろ話し込んでしまった。仕事は進まなかったが、来年度の研究の方向性についてちょっと整理が付いた様子。午後にはあゆみ完成。16:30、職場を出て冨山駅から金沢へ。片町「一石三兆」で、中條さん、木村さん、渡辺さんと韓国料理。木村さんの門出を祝うはずが、3人でマシンガントーク。楽しんでもらえたのか疑問(^^;)。23:09のしらさぎで帰富。メールチェックを終えると25:00。

3月22日(金)
4:30起床。「努力のあしあと」記入。8:50、修了式。長いと思っていた一年だが、終わってみるとあっという間。体育館に他の学年がそろうまで時間があったので、黙って前に立ってみた。気づいた子供の背中がすっと伸びる。一礼をすると、子供たちも合わせて一礼。気づいていなかった子供も、注目したので、もう一礼すると、全員が一礼。ここまでわたしは一言もしゃべらず。よくぞここまで集中できるようになったと、成長を実感。あゆみを慌ただしく渡したあと、光陽小の子供の歓送式。これで会わなくなる子どもがいるかと思うと、さみしくも不思議な感覚。卒業式の後のようにいつまでも残って写真をとっていた。有美、璃央、美樹、尚子、詩織、みんな新しい仲間を見つけてがんばって欲しい。午後、人事異動内示。驚くべきことに異動になった・・・。みんなも驚いていたが、一番驚いたのはわたし。蜷川には3年。お世話になりました。晶叔父夫婦が、あずさの披露宴のために来富。

3月23日(土)
4:30起床。LINKDBのフェーズbを最後まで確認して、旺文社に送付。森さん遅れてすみません。11:00、耳鼻科で診察。花粉症の薬をもらう。12:30に家を出て、羅王(チャーシューは絶品)経由で富山大へ。一足先に入って、CETTでの発表準備。14:00川のDVD開発プロジェクトの最終会議。ナレーションがプロになり、操作性も向上して、とてもすばらしい出来になった。杉浦さん、上田くん、水口さん、お疲れさん。14:00〜CETT3月例会。池田さん@砺波北部小の内留報告会。情報教育の目標リストをもとに、自校で使うことを想定して整理した一覧表がよくまとまっている。これをもとにどう実践していくかが大事だと思う。その後、「川」をはじめ、来年度のプロジェクトについて報告。たくさんのプロジェクトがあるので、ぜひ参加していただきたい。16:00、シェフ小玉で懇親会。山西先生はこれで連続?回の飲み会。誰と飲んでいたかを聞くに、山西人脈の濃さに驚く。白江先生、原田先生、糸岡先生、棚田先生、立野先生が参加。いつもより少なめでちょっとさみしかった。21:00に吉田先生、ありこと合流、ブリックへ。24:00帰宅。

3月24日(日)
午前中、メールチェック。Web更新(たまっていた日記を書いた)。大学へ車を取りに行く。午後、職場に行って学級事務。しかし終わらず(泣)。明日に備えて早めに就寝。

3月25日(月)
3:30に起床して、家族と共に車で大阪へ。9:00直前USJ到着。1日楽しんだ。ウォーター・ワールドとアニマルアクターショーがよかった。ディズニーと違って、キャラクターがたっていないため、アトラクションは話を進める人の芸風によっておもしろさが左右されるが、みんな面白くてさすが芸人の待ち大阪という感じ(^^;)。また、元ネタがSFだったり、ヒューマンドラマだったりするので、渋めの大人向きになるが、ディスニーとはまた違ったアメリカがちゃんと表現されている。とてもよかった。大阪全日空ホテル泊。

3月26日(火)
ゆっくり朝食。茜はメロン食べ放題。いくらビュッフェとはいえほぼ1個分食べるのは反則かも(^_^;)。10:30海遊館へ。茜は初めて見る本物のペンギンやラッコに釘付け。しかし、兄二人は昨日の疲れのためかぐったり。茜が飽きてきたところで早々に海遊館を退散。13:00に大阪を出発。17:30頃富山着。小杉インターで下りて、寒江小経由で帰る。周りに川はなくどちらかと言えば「おこめ」の環境であった。ケンタッキーで夕食。

3月27日(水)
9:00出勤。残っていた学級事務をこなす。結局、1日職場にいた。松田さんから記念品をいただく。田畑先生、福田先生からもネクタイをプレゼントしていただく。帰りに、BEEに寄って散髪。リーガルで新しい靴。今週はリーガルウイークということで、リネンのバッグをゲット。

3月28日(木)
9:00出勤(春休みは書類上は年休にしている)。転出職員の厚生について相談。10:00校長先生より辞令交付。寒江小へ。自宅からは車で30分弱。思ったより速く着く。宮島現校長から学校の概要を説明。「コンピュータの授業での活用」とブラスバンドを期待されているらしい。お昼は「天安」で湯麺。着替えてから再び学校へ。机周りを片付ける。

3月29日(金)
早くに出勤するつもりが、ケーブルで入っていた「グローリー」を見てしまい、結局11:00に学校へ。クラブ活動計画を起案。昼食後、教室を片付け始める。14:00〜稲本さんに情報関係の諸々を引き継ぐ。結構時間がかかり、結局教室の片づけは終わらず。自宅に戻りタクシーで第一ホテルへ。送別会。転任者のあいさつで、教頭先生や林崎さんが、コンピュータの扱いに抵抗なく取り組めたことをあげられた。大変うれしく思うと共に、わたしの蜷川での役割は終わったのかも、とも思う。2次会は桜木町「茶茶」からブリックへ。そこで高橋くんと合流。お開きは26:30。帰宅した後もぼんやり起きていて就寝は28:00(^^;)。

3月30日(土)
昨夜が遅かったため起きられず、今日は一日ごろごろ。茜も発熱したので一緒にごろごろ。18:30から、広田先生をお招きして、6年1組お別れ会。

3月31日(日)
朝から蜷川小にて教室の後片付け。たった3年しかいなかったが、荷物の多いこと多いこと。ここ2年ほどの実践のさまざまは、2年間は保存する必要がある。2時頃いったん学校を抜けて、アルビスへ。直哉のピアノ発表会。演奏が始まる直前に会場到着。間に合ってよかった。力強くてよい演奏だった。その後再び学校で片付けの続き。終わってみれば18:00。それからB票を書いて帰宅。スプリングコンサートの後集まって飲んでいるというので、21:00加藤先生の店「チェリー」へ。「吾平」に回って帰宅は26:00(^^;)。