情報教育紀行2002 1月号

あなたはSasaのホームページの [an error occurred while processing this directive]人目の訪問者です。

(98/06/29より)


1月1日(火)
あけましておめでとうございます。今日から新しい年。今年はどんなことがあるだろう。

1月2日(水)
午前中は掃除。でもなかなか片づかない。集中できない。午後から康子の実家へ。お父さんもITに興味津々。NHKの番組企画委員になったことを聞くと驚いていた。明日からスキーなので,夜は準備。早めに就寝しよう。

1月3日(木)
起きるのが遅くて(^^;)朝8:30にようやく出発。白馬五竜へ。白馬近辺はスキー場渋滞で,到着は12:00近くに。昼は「ラーメン大学」。信じがたいことにレギュラーのラーメンにはチャーシューが入らない。ペンション「クック」に荷物をおいて,スキー場へ。雪はさらさらだが,ずっと降りっぱなしの厳しいコンディション。白馬五竜は,DJが流れる洗練されたセンスのスキー場。リフトの運搬力も強力でリフト待ちがほとんどない。ゲストハウスもサロモンが全面バックアップしており,レンタルにも最新のカービングスキーが並ぶ。ハーゲンダッツのショップあり,仮眠のできるレストルームあり,大浴場ありと,かなり行き届いた施設になっている。リピーターになりたいスキー場だ。晴天でなくとも満足できた。ペンション「クック」で夕食。フランス料理はボリューム満点。魚料理がおいしかった。こぢんまりとして落ち着いた雰囲気のペンションでよかった。

1月4日(金)
白馬五竜2日目。しかし,直哉のスキー靴が合わないためレンタルしたり,リフト券を買うための行列に並んだりして,結局すべり始めたのは11:00近く。昨日よりは,かなり混んでいる。今日も雪が積もり続ける天候。頂上は霧に包まれていた,晴天時にもう一度来てみたい。茜&康子組はそり遊び30分,あとはゲストハウスの中で,風呂に入ったりキッズレストルームで遊んだりしていた。雪だるま状態になった車を掘り起こして,16:50白馬五竜を出発。再びスキー渋滞。岩岳から栂池のつながる道で,30分ぐらい全く進まず,対向車も現れない(事故か?)。やむなくUターン。岩岳,栂池,白馬乗鞍とゲレンデを結ぶ山沿いの道へ迂回。栂池の中心街を通るとは,思いもしなかった。白馬から南小谷までの10キロ足らずの道を抜けるのに,結局2時間かかった。21:00富山インター。サイゼリアで遅い夕食。

1月5日(土)
5:24発しらさぎで米原へ。新幹線を名古屋でこだまに乗り継いで浜松へ。10:30LINKDB会議(静岡大学情報学部堀田研究室にて)。昼食後作業。15:00終了。仲村先生に送っていただいて,ホテルオークラ浜松にチェックイン。14:30〜,浜松地ビールで今年最初の新年会。三太のラーメン。オークラのラウンジで仕上げ。

1月6日(日)
午前中はホテルで市社会科部会の紀要書き(ほとんどできないうちにうたた寝。^^;)。12:00に待ち合わせ,「八百徳」でうな茶。山脇さん兄弟,中條さん,正來さんが合流。14:45zaza city5階パレットにて「情報教育の授業研究の方法について学ぶ会」。國香さん,金井さんの発表をもとにパネルディスカッション。木原先生(大阪市立大),山内先生(東京大),堀田先生がコメントをつける。こういう顔触れを前に堂々と話してしまう國香さんはすごい。密度の濃い研究会だった。「研究にはオリジナリティが必要」という山内先生のコメントが印象的。どこをオリジナリティとして見せるかが肝心だということだ。17:30〜懇親会。19:00中座して新幹線。名古屋,米原,と乗り継いでしらさぎ。23:47富山着。

1月7日(月)
富山市社会科副読本「わたしのとやま」の校正。仕上がったところで、古沢小の尾畑教頭先生に届ける。午後は学校へ行って、子供たちへの年頭メッセージを黒板に書く。学校Webを新年バージョンに変更したところで帰宅。

1月8日(火)
始業式。わずか2週間ほどの休みなのに妙に大人っぽくなっている子が何人も。みんな元気そうで何より。午後職員会。その後今ぴゅたーの活用状況報告、書き初めの審査で勤務時間は終わり。帰宅後遅れに遅れた市小教研の紀要に。が仕上がらず(泣)。合間にJNK4の会計処理。

1月9日(水)
Webの訪問者が3万人を越えた。すごい。とうとう催促の電話。新夕先生すみません。放課後がんばるが3分の2までしかできず。家に帰ると早々にダウン、夜中に目を覚まし、そのまま朝まで社会科部会の紀要。一応体裁を整えたので、市の実践記録に取りかかる。結局夜明けを迎える。

1月10日(木)
茜、水疱瘡にかかる。放課後、児童理解研修会。本校の本田教諭から、ADHD児、LD児についてのプレゼン。特殊教育に対する理解は情報教育に対する理解と同じ程度に重視されるべきと思う。かなりがんばって聞いたが、連日の疲れは隠せず、ちょっとだけzzz。(ホントにちょっとだけ)。市の教育実践記録は1/3仕上がっただけ。締め切りは明日。がんばろう。しかし、食事後は寝る。

1月11日(金)
0:00に目覚めた。そのまま実践記録を書く。夜明けまでには形になった。今回は(も?)これでいこう。1限「パソコン名人」の作例作り。原稿を渡し「それを先生に作って」ご覧と言うだけで、ほとんど質問もなく制作に入る。1年前とは大違い。記述もこなれてきているし、子供たちも育っているのだと思う。集団下校後、市の教育実践記録を修正。そのまま自分で届けに市役所へ。一度学校に戻り、子供たちの作例をフロッピに吸い出した後、上越でのポスターセッションの準備。台紙となる壁紙を用意。帰宅後、入浴、ポスターセッションの構想。上越雪おこし研究会の連絡をメールで取ったところで22:00頃ダウン。

1月12日(土)
夢の中に出てきた堀田先生に起こされ(^^;)3:00に目覚める。冨永さんに作例を送信。上越でのポスターセッションのレジュメ作成。送信後、今度はポスターに貼り付ける資料をカラー印刷。結構時間がかかった。でもいつ貼るのだろう?今日のNHKの会議に使う資料を作り始めたところで7:00。耐えかねてうたた寝。8:15空港へ。2便で羽田−渋谷NHKへ。残った時間を「川」年間計画作りにあてる。今日はこれで許してください>木原先生、三宅先生。13:00〜16:30NHK新番組「川」番組企画会議。新コンセプトの番組だけに、産みの苦しみがある。というかこれから苦しむことになりそう(泣)。箕輪さんが再来週富山にいらっしゃるらしい。会議終了後に総曲輪小の古畑先生から携帯。今日は、社会科部会の運営委員が集まっていたらしい。スケジュールから抜け落ちていて、連絡もなく休んだことになった。「今東京です」と言うと笑っておられたが、申し訳ありませんでした。紀要に修正があるとのこと。16日までに提出。今度は遅れまい。18:28MAXあさひで越後湯沢。はくたかに乗り換えて、雪おこし研修会2001に参加のため上越へ。いきなりナイトセッション。交流学習のセッションに参加。

1月13日(日)
雪おこし研修会2001、2日目。午前中は永野先生@聖心女子大、小林先生@新潟県教育庁(元上越市立大手町小校長)の対談。教員の自立と評価がテーマ。午後からポスターセッション初体験。見たこともないのにいきなり発表者というのは、ドキドキものだ。1時間あまりずっと話しているのはなかなかエネルギーのいることだ。盛況というわけではなかったが、熱心な聴衆がいらっしたのがうれしかった。準備と後かたづけを手伝ってくれた此川さんに感謝。ワークショップには参加せず富山に帰る。タフな1週間に幕。久々の家族がうれしい。

1月14日(月)
10:00より呉羽ハイツで成人式。久々に会う。変わらない者もいれば面影もない者もいて、懐かしい顔に会うのはいいモノだ。成人式は大変なごやかに進んだ。礼儀正しく真剣みがあって頼もしい。懇親会でも無茶を言う者もする者もなく、さすが五福校区の新年会といった雰囲気。タイムカプセルの中身を見てみんな懐かしくも恥ずかしげ。楽しいひとときだった。午後は家で残務整理。メールなどつらつら処理。夜もほどほどに就寝。

1月15日(火)
放課後、学校のWebを更新。今学期はメンバー一同、気合いを入れて更新にかかることに。その気合いが伝わるように、担当者を記名してみた。笹原担当分は、学年だよりのコーナー。今日は半分しか作成できず。帰宅後、社会科部会の原稿校正。印刷して提出。

1月16日(水)
放課後、学校Web更新の続き。1月の学年だよりを全部公開した。今週は事務処理の週。たまっていた校務の山を少しずつ低くしている。帰宅後、康子に頼まれて、小教研の1月家庭科部会で使う資料CDの作成。教科部会でも情報化に関わる研修が始まったことに、大きな意味がある。

1月17日(木)
Web学級日誌が不調。データを送れない日がある。今日はお天気予想の担当校だったが、今日の分は送信できたようでよかった。職員会。事務処理も進む。冨永さんより、パソコン名人本の校正用原稿が送られてきた。

1月18日(金)
職員会。クラブ発表週間について起案。富山のじまんページを「富山のここがじまん大図鑑」としてリニューアル準備中(TOPのデザイン)。他の学級も揃えば、約140ページの充実したWebになりそう。NECのコンテストにでも応募しよう。

1月19日(土)
学習参観。理科の実験を行う。水が熱せられると対流することを実験で確かめる。午後、直哉&崇生と牛岳温泉スキー場。かなりすいていてリフトは乗り放題。5時間券だったが3時間あまりで十二分に堪能。

1月20日(日)
今日は1日茜のお相手。実に久しぶりな感じがする。夕方、茜が寝込んだため、4人で「えびす」。富山のじまん大図鑑リニューアル準備進む。明日の市小教研で各学年部会からの報告があるため、4年生部会のプレゼンを作成。授業もやって報告もしてと大変であった。組織としての研究ならばその方法を考えるべき時に来ていると思う。

1月21日(月)
富山市小教研社会科1月部会。今年度の研究報告と講演。プロジェクタを持ち込んで4年生だけプレゼンで報告。あまり練ってなかったのでいまいちかなと思っていたが、わかりやすかったと何人かの人から声をかけていただいて一安心。しんきろうクラブの参加校柳町小のWebがうまくあがらないということで、23日放課後に学校を訪れることに。

1月22日(火)
今日はたくさんノートを集めたので、放課後一生懸命に見る。2時間かかった。Web学級日誌は再び送信がしっかりできるようになった。対応してもらえたのか。やることはたくさんあるのにWebをちょっぴりリニューアル。壁紙とタイトル画像を変えてみた。これまでの自分の歩みを記録しておくために、研究歴のページを公開。結構いろいろやっているものだ。でも書きようのないモノもあるので、実質はもっと大変だったように思う。2001年に入ってからむちゃくちゃ忙しくなったことがよく分かった。

1月23日(水)
教材パッケージを活用した総合的な学習の実践「日本全国ここが知りたい」がスタート。1校時で自分のテーマを選定するところまでいく。日本各地の産業、産物、行事等の振り返りをどこまで行うかが時間の過多の鍵を握る。長いと時数が増えるし、少ないとテーマを見つけにくくなる。バランスが肝心。今回はパッケージの実証実践と同時に、教室を解体して調べたい地域別にグルーピングする、学年総合を目指す。一学期から段階的に学習活動を踏んできているので、子供たちの経験値も揃っている。先生たちの足並みも揃い、楽しく実践できそう。放課後、中学年部会。今年度明らかになったことと、残された問題点を確認。年度当初から研究の目的や実践の方向性がはっきりしていたため、まとめもそれほど問題なくできている。昨年度の残された問題を受けて研究が発展的に進んでいるところがはっきりして、とてもよかった。17:15富山第一銀行堀支店に「わたしのパパママ」図画コンクールの作品を届けに行く。17:40柳町小のWeb転送設定を確認しに行く。TOPのファイル名が適切でなかったので直してきたが、23:00現在、柳町小Webはまだ見えていない。他のところに問題ありか?

1月24日(木)
昨夜からやっと取りかかった日本学術振興会の科研費申請書類を仕上げて発送する。実践を構想することはかなりできるようになったと思うが、研究内容を決めるとなるとやはり勝手が違う。今回もほりたんの世話に。ありがとうございました。富山のじまん大図鑑Web準備。他の学級のデータを1つのフォルダに集約。ファイル名の付け方や保存の仕方がまちまちで、大変だった。学校での2つの作業が終わってみれば21:00。それでも1組をやり残す。明日が、NECコンテストの締め切り。間に合わせなければ。マクセルのコンテストにも出す予定。2月6日は池田小の研究会に参加できることに。平日なのに全国行脚だ。研究の機会が増えるに連れて、訪れる先も増えてきた。訪問先を写真集風にまとめてみた。

1月25日(金)
富山市教育センターにて情報教育推進講演会。講師は山西先生。演題は「学校の情報化と情報教育のすすめ」。久々に山西節を聞いた。学校に戻ってコンテスト応募のために、富山のじまん大図鑑ページを構築。しかし、100ページ以上ものリンクを、中身を確かめながら行ったため終わってみればとんでもない時間に(泣)。こんなところに行ってきたのページを公開。

1月26日(土)
午前、大和で直哉の服、茜の帽子と手袋を購入。午後、昨日アップした「富山のここがじまん大図鑑」のリンク確認。作業をするとたくさんのページがあることを実感。康子がPTAの会合に出たため、茜の相手をしているうちに一緒に午睡。Web訪問者31000人超。

1月27日(日)
午前。左のコンタクトレンズが破れたためマリエ眼科へ行くがすごい混みよう。12時過ぎまでかかる。両目とも新しくしてもらったが診察料のみの支払いだった。待ち時間にJRチケットの変更。岡山往復を阿波池田までの往復に延長。小川さんと連絡を取って返りの時間を合わせる。午後、久々の一族集合。叔父さん方、子供たちへのお年玉をありがとう。夜、堀川小研究会のために来富している千葉の竹村さんから連絡。自遊館で席を設ける。また一人ネット上の知り合いとオフラインでつながることができた。竹村さんは、物腰柔らかで話が通じそうな人。もっといろいろな場に出てくるといいのに。

1月28日(月)
2組マシンのUSB端子が破損した。正しい扱いをしないと機器は簡単に壊れる。放課後、学年会。スキー学習の日程確認。各教室のデスクトップに、他の学級のWeb学級日誌を読みやすくするためのショートカットを付ける。放課後だと重くてなかなかブラウザが開かない。「富山のここがじまん」Webのリンクミスを修正。19:00〜「菜」。長岡小のFATHeRS賞受賞のために富山にやってきた、大黒さん、木村さん、神谷さんと富山のPICTメンバーで冬の幸。その後「寿司富」で寿司と焼きアイスクリームで締め。

1月29日(火)
朝からずっと眠い。今日は早寝しなきゃ。明治図書の新刊案内が出ていた。発行も近い。

1月30日(水)
放課後,子供たちの作成した「富山のここがじまん大辞典」を某コンテストに応募。エントリー一覧を見ると,出町小の白江学級や江東区の南砂小など強豪が目白押し。果たしてどうなるだろう。

1月31日(木)
4限,パソコン名人の作例のためコンピュータ室。「メール」がテーマだったが,宛先の入力に戸惑うなど,結構わかりにくい内容が多い。われわれにとっては日常化したツールだが,未経験の人には垣根が高いことを改めて実感。昼休みに,富山大学院生の野上先生@速星中,綿貫さん,村田さんがWebサイト「オンライン音楽室」を使った授業の実証実践のために,マシンを設定しにくる。授業は荻布さんが引き受けることに。帰宅後,「パソコン名人」初稿にコメントを入れFAX。11ページにもなってしまった。NHKの新番組「川」のテキストに載せる原稿を作成中。しかしほとんど進まず。今日で早くも1月が終わった。