情報教育紀行2001 11月号


11月1日(木)
 朝、3:30起き。「わたしのとやま」の原稿を仕上げる。写真の整理選択も行い、あがったのは6:30。古沢小に届けた後出勤。学習発表会予行。耳障りな部分は残るものの、ずいぶん上達した、聞く方のマナーがひどすぎるのが気になる。放課後、IUK篠嶋さん、新井さん来校。ネットワークプリンタの設定を行う。結局ネットワークに問題はなく、プリンタ自体にデータの残ることがあると、それが詰まって動かなくなるらしい。

11月2日(金)
 明日は学習発表会。4年教室のマシンを全部撤去。

11月3日(土)
 学習発表会本番。これで最後のステージである。今日は、全員が指揮の高井さんを見つめながらの合唱だった。今までにない一体感を感じることができた。会場が静まりかえったのも、それが伝わったからに違いない。感動した。
 3便で、東京へ。バスで新横浜、こだまで小田原、伊豆箱根鉄道で大雄山駅、そして石黒さん@バディの車で足柄ふれあいの村へ。4時間半の長い道のりであった。目的はWeb学級日誌実践会議。しかし、到着した頃には1日目の会議は終了、懇親会へ。社会教育施設なので、バーベキューも、布団の上げ下ろしも、掃除も自前。おまけに施設は山の中にバンガローが独立してたっているスタイルでトイレは別棟という強者。参りました。しかし懇親会は、中川先生@金沢大、堀田先生がいつにないハイピッチでとばし、大盛り上がりであった。

11月4日(日)
 Web学級日誌実践会議2日目。今日は機能についてと、どんな実践ができるかについての検討を行った。データの蓄積によってできることと、交流のきっかけツールとして可能なことについての検討を行った。次回会議までにある程度実践のめどを立てておく必要がある。飛行機がとれていなかったので、帰りはJRだったが目茶混みだった。帰ってから糸庄のもつうどん。

11月5日(月)
 学習発表会の代休。情報教育本の校正をするために11時頃大学へ。しかし、今日は山西先生のもとでワインの試飲会があるということが判明。昼間からおいしいワインをたくさんいただいてしまった。午後は、校正もそこそこに自宅に帰る。意志が弱くて、なかなか進まない。

11月6日(火)
 県東部小学校教育課程研究集会社会科部会。会場は婦中町立宮野小。となれば、参観するのは此川さんの授業だろう。学習環境がウリの此川だけあって、子供が学習の流れをいつも間にか構想できるように、学習計画表を書いて掲示していたり、自分たちの活動を振り返られるように、付箋のような評価カードを毎時間記入して添付したりと、さまざまな手だてを工夫していた。なにげにテレビ電話が設置してあり、授業の最後にCATVの方とつないで会議をするなど、メディアの活用が日常化しているのも好感。学習の流れをどう作るか(カリキュラムをどう構想するか)という部分をもう少し整理してとらえ直す必要があるなと感じた。

11月7日(水)
 学習発表会も終わり、今日から学習モード。社会科「富山のじまんを見つけよう」はまとめに入り、Webつくりのかなり進んだ子が出始めている。連休の間に、広貫堂の売薬博物館へ見学に出かけた子が1名。今日は、手紙やメールで質問を送る子もようやく出始めた。
 帰宅後、情報教育はじめの一歩本の校正。しかしあえなくダウン。

11月8日(木)
 5:00に目が覚めたので、7:00まで校正の続き。ようやく半分まで来た。
 学校では、社会のまとめの続き。茜が、大阪、埼玉、千葉の水を手に入れて飲み比べをしていた。明らかに富山の水が美味しいとわかる。というよりも他が不味すぎなのだが。
 帰宅後、本の校正にかかる。内容確認のあと、名前なども確認し、最終的に全部揃ったら、26:00であった。それから郵便局で発送。ようやくけりをつけた。かなり訂正が多く、受け取る方も大変だろう。帰宅して就寝は27:00

11月9日(金)

 18:00、教材パッケージ開発プロジェクトのプレ会議。初めての方への説明会。昨年までの歩みと、テーマ選定やパッケージつくりの基本についてレクチャー。イメージは持ってもらえたようだが、実際に作っていく過程で、問題は出てくることだろう。その後、富山大会のスタッフ打ち上げに合流。佐藤社長をはじめ学生はハイテンション。山西教授が学生の間を回って慰労していた。大人物だ。そのまま山西先生、菊池さん、学生のコアスタッフと2次会。さらに原田先生、高橋くん、佐藤くんとmonへ。飲み過ぎだっちゅうの。

11月10日(土)
 2便で東京。NHKで会議。始まりは2時なので、Brooks Brothersに寄り道。さらに東急文化村のザ・ミュージアムで行われている印象派展を鑑賞。シャガールの連作リトグラフ「ダフニスとクロエ」の全作品が展示してあって圧巻。14:00〜19:00。来年度から始まる総合的な学習の番組「川」の企画会議。コンセプトのすりあわせ、番組内容の検討を行う。木原先生、三宅先生のマシンガントークに初めの30分はついていくのがやっと。。箕輪さんの「待て」で、ようやく混ぜていただくことができた。コンセプトのすりあわせに時間がかかったが、おかげで番組としての性格がはっきりした。ある意味実験的な番組かも。その後、「お米」チームと懇親会。水越先生@関西大、八崎先生などと初めてお話しする。噂に聞く、某先生の飲んだ姿を初めて目の当たりに(^^;)。2次会でほりたん合流。渋谷区レストンホテル泊。

11月11日(日)

 チェックアウトに乗ったエレベーターで水越先生、深井さんと一緒になる。2便で富山へ。すいてて楽々。そのまま茜の七五三。日枝神社は大にぎわい。天気も良く七五三日和だった。夜は、21時頃倒れるように眠ってしまった。

11月12日(月)
 校内研全体研修会。月曜日の授業についてのオリエンテーション。どの学年も、子供の意識と学習の流れをどうつなぐかに気を配っているのがいい。画像を使うとか、レジュメを用意するとか、時間を効率的に使ってなおかつわかりやすくするような工夫をもう少し意識できるようになるといいなと思った。

11月13日(火)
 イントラバケッツ用素材集を作成。GIFに対応していないので、全てをJPEGファイルに置き換える必要があるので面倒。せっかく作ったのでせいぜい利用して欲しい。

11月14日(水)
 最近寝付きが早い。自転車通勤が功を奏している。

11月15日(木)
 今日から中田弘さんの教育実習。午後、要請訪問。中学年授業の指導助言は松浦さん@附属小。「おじいさんおばあさんに喜んでもらえるおやつパーティを開こう」をテーマにした3年生の実践。中学年を総合的な学習の初期指導期と位置づけているところを評価していただけた。本時の話し合いの位置づけ、「おじいさんおばあさんに喜んでもらえるには」というはたらきかけの有効性について活発な討論があった。18:30から、富山大学で上月申請希望者に対する山西先生のレクチャー。途中で抜けて要請訪問の打ち上げへ。今日は、2次会がなく、「瀋陽」でチャーシュー麺。

11月16日(金)
 調子に乗って自転車に乗りすぎ(昨日は蜷川小−大学−市民プラザ−自宅)、マシンに衝撃を与えたためか、カードを全く認識しなくなった。どうやら破損した模様。修理に出す必要があるようだ(泣)。モデム生活に逆戻り。不便なことこの上なし。

11月17日(土)

 新DC富山班会議。14:30からの予定が、資料を自宅に忘れ取りに行ったために、15:00スタートに。みなさん、迷惑かけてすみません。47テーマの中から、1本程度に絞る。これらが全てパッケージ化されればかなり充実するだろう。17:30渡辺さん、澤橋さんらとペペビアンキ。教育実習中の中田さんも参加。その後、ジェリコの戦い、ロッジとまわって、最後は高橋くんと「小馬」へ。金沢にいた佐藤くんが合流したところでお開きに。

11月18日(日)
 久々に完全オフ。メールを処理し、Webの更新をした。のんびりできてうれしい。

11月19日(月)
 5限はクラブ。6年生(といっても一人だけど)と卒業アルバム用の写真撮影。その後、前回の探検地である上袋神社と阿迦陀寺の写真を元にWeb制作。完成次第公開の予定。放課後職員会。クラブ発表会について提案。新しい試みであるが、様々な問題も明らかになり、クラブ発表週間として実施することに落ち着く。ステージ発表も作品発表もないクラブが、どのような方法で自分たちをアピールするのか、課題が残った。

11月20日(火)
 最近お休みモードに入っているが、上月の中間報告(12/15必着)、市小教研の研究紀要(2学期中)と、やることがないわけではない。もう一つ12/15日頃締めのものがあったような・・・。思い出せなくて不安。

11月21日(水)
 「富山のじまんを見つけよう」もそろそろけりを付けなければ。資料を送ってもらった子供を待っていたが、今日はその子供もWeb作りに取りかかっていた。しかし、中には結論がはっきりと書かれていない子供もおり、ワークシートだけでもテンプレート化しておくべきであったと後悔。もうワンステップが必要であった。

11月22日(木)
 区域小教研で堀川南小へ。ポスターセッションで自分たちの意見や調べたことを発表しあう時間であった。子供たちからは、わかりやすくまとめはきはきと伝えようとしている気持ちがよく伝わってきた。一人一人が発表の場を持つことができたというのが、この時間の大きな成果であろう。もっとも、そこに至るまでには、調べたいことの基になる願いや思いがしっかりもてていることが大事なことは言うまでもない。夜は、男性職員一同で美喜鮨本店へ。あんきもやふぐのにぎりを堪能。

11月23日(金)
 10時起床。vaioを修理に出すために、CD-Rにバックアップ。メールデータだけで、CD1枚になってしまった。CD-RレコーダがUSB接続のためスピードが出なくて、バックアップにやたらと時間がかかってしまった。今日は遅く起きたが早く寝ることにする。9時就寝。

11月24日(土)
 vaioカスタマーサービスに連絡を取る。PCカードソケットの破損ということで修理に出すことに。明日、日本通運が取りに来て、そのままSONYへ。修理状況も電話で確認できるらしい。富士通さんからお借りしている児童用ノートをしばらく代替機として使うことに。メーラーやWeb作成ソフト等をインストールし、自分が使いやすい環境にした。この日記も代替機で書いている。連休に入ってから、Webの訪問者がすごく多い。みなさんありがとう。

11月25日(日)
 みたらし団子を食べるために高山へ(^_^;)。朝市に間に合うように、8:00ごろ出発。9:40ごろ到着。上三之町を抜けて宮川朝市へ。上三之町中ほどのおみやげ屋さんで牛串と銀河高原生ビール。ここの生は樽生。銀河高原にありがちな酵母臭さが全くないフレッシュな生ビールで絶品。朝市の入り口で、みたらし団子、焼き芋、飛騨牛乳をゲット。そのまま朝市を散策した。秋晴れのさわやかな川沿いの小道で、とてもすがすがしかった。「やよい」で高山ラーメンの昼食。細麺魚だしは健在。さらに、屋台会館近く「たい屋」でみたらし団子、NTT後ろ「トラヤ」で草饅頭、他にげんこつ、たまり煎餅、栃の実煎餅などを購入。高山の味づくし。13:30頃高山を発ち、15:00富山着。15:30日本通運がVAIOを引き取っていった。
 すぎもとやで最近量り売りを始めたチーズを購入。ブリー・ド・モー(白かび)、ミモレ・フランセーズ(ニンジン色のハード)、ブルサン・アーユ(ニンニクと香草入りフレッシュ)、ポーター(黒ビールでマーブル模様をつけたチェダー)と、名前はわからないがウォッシュに、枝付き干しぶどうの盛り合わせ。ブリー・ド・モーを買い足す。ワインは、Rosso Piceno Superiore ROGGIO DEL FILARE(ロッジョ・デル・フィラーレ)。イタリアワインにしては重く、上品なタンニンと華やかなフローラルの香りがたつ、素晴らしいワインだった。エルコレ・ヴェレノージ家が造るロッソ・ピチェーノは軽めのワインが多いそうだが、ロッジョはブルネロ・ディ・モンタルチーノに負けていない大ヒット。あっという間に1本あけた。

11月26日(月)
 2限、細川級で道徳授業を参観。最近ようやくみなさん授業公開をされるようになってきた。発言は多くはなかったが、子供たちはの真剣に考えている気持ちが伝わってきた。いい学級だ。

11月27日(火)
 VAIOカスタマーセンターから連絡が入る。見積もりを聞いてショック。

11月28日(水)
 しんきろうくらぶのトップページを更新。富山県地図に柳町小、利田小、山田小、蜷川小のポイントと名前を入れてリンクをはった。学級のWebも半分くらいは公開できるまでになってきている。しんきろうクラブMLにウイルスメールが流れた。おたがいに注意したいものだ。

11月29日(木)
 学校アドレスにウイルス付きメールが届いていた。関心のある先生方に集まっていただき、実物を前に怪しい添付メールは開かないことや、ファイル名である程度判断できることなどを話す。本物にまさる教材はない。2限は算数の少人数指導。学年を4つの集団に分け「小数」の学習をしている。事後研では、グルーピングの仕方、単元カリキュラムの構成の仕方、指導方法をどこまで共通させるかについてなどが話題になった。20人授業が実現すれば日常的に行われるであろう学習形態だが、現時点ではクリアする問題が多い。真剣に取り組むほど、なによりも時間が不足するだろう。構成した単元カリキュラムはワークシートもふくめて、どんどん共有されていくべきであろう。将来的には、アメリカのようによく練られた教材パッケージが市販されるべきだと思う。

11月30日(金)
 今日で11月が終わる。教育実習の中田さんは今日で終わり。彼の学びの姿勢は職員にも刺激を与えた。帰宅すると、VAIOが返ってきていた。明細を見るとCPUの破損だったようだ。これからは大切にしなくちゃ。